satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人が見る「大学の個性」熊本大学編・番外~鄭明析先生の明け方の箴言から~

摂理人が見る「大学の個性」熊本大学編・番外~鄭明析先生の明け方の箴言から~

おはようございます、satoです。
昨日、大学の個性・熊大編を書きました。その中で井上雄彦が熊大の出身であること、そのマンガには哲学が込められていて、いい言葉がたくさんあることを書きました。

ところで、今朝の鄭明析先生の明け方の箴言は「諦めてはいけない」という内容でした。
そのなか
で、こんな箴言が。
「小さく」やっても、「少なく」やっても、最後までやりなさい。そうしたら<天国の最高の世界>には行けなくても、その下の次元にでも行く。その次元に行って、また熱心に頑張って、上がって行けば、もっと高く行くようになる。しかし、諦めたら<地獄>に行ってしまう。
これが出たとき、『スラムダンク』の安西先生が話した一言が思い浮かびました。
「最後まで・・・希望をすてちゃいかん
あきらめたらそこで試合終了だよ」

本当に、人生もあきらめたら、そこで終わりですよね。死ぬまであきらめません!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事