satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の怪我の功名。

摂理人の怪我の功名。

おはようございます、satoです。
今日も明け方から配信します。ヾ(・∀・*)
先日私は風邪を引いて、ダウンしたという記事を書きました。風邪を引くのはつらいことです。なんせ「やりたいことがあってもできない」から…。
しかし!
「患難によって、忍耐するようにな り、錬達し、清くなる」という御言葉などに代表される「患難を利用して次元を上げなさい」という鄭明析先生の精神のように。
「転んでもただでは起きない」という精神で…私は今回の風邪を通して大きなものを得たのです!
実は私、しばらく明け方が起きられないということが続いていました。
起きて、寝てしまう。
肉体の疲れが取れてなくて、朝起きられない。
そして、それが習慣になり…( ´゚д゚)
霊的大ピンチ!実際、この時の私は色々な壁にぶち当たり、心が死んでいました。
そんな中風邪を引いた私。
死んでいた私は「もうすぐ死ねるのか…」という非常に危険な考え(振り返ると、本当に行き着くところまで…)をしていたのですが、霊魂の声で「最後にもう一度御言葉読もう」と考えを改めました。
それで、病院に行く間に御言葉をたくさん読む中で少しずつですが、これからどうしたらいいのかとか主の愛がわかったのです。
それで、聖餐式の前に「御言葉をたくさん入れて脳を刺激して、少しでも考えを変えよう」と決心しました。この時、療養のため一日部屋に入れたお陰で、他のことをせず集中して御言葉を読めました。(今まではこれが「ネットサーフィン」になって、逆に霊的に奪われていたのです。)
さらにさらに。
一日寝ていたので…「起床時間を無理なく調節」できました!これによって、それまで崩れていた明け方のリズムを取り戻し、摂理のブームとなっている「一時祈り」に無理なく(←ここ重要)移行できました!!ハレルヤーヽ(;▽;)ノ
かなり死んでいた私の霊魂も生き返り、霊肉ともに回復中、というわけです。
いや、本当に神様は何を通して働かれるかわかりませんね!本当に感謝します!ヾ(・∀・*)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事