satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理の御言葉を聞くと…。

摂理の御言葉を聞くと…。

こんばんは、satoです。
久々の日記です。ずっと物語とかで私の近況とか悟ったこととか書いてませんでしたから…。(悟ったことは一部物語には込めています。)
さて、今日色々あって私は最初どうして御言葉を聞いていたのか、ふと考えました。
何回か書いたことがあるのですが、私が御言葉を聞いたきっかけは「自分が作っている脳内マンガの設定の参考にしよう。」でした。なにか自分が求めていたわけでも、神様を信じていたから、というわけでもありませんでした。
そんな私は人の話を長時間集中して聞くことが苦手、というかほとんど頭の中に入っていませんでした。今でこそ御言葉を聞きながら内容のメモを取れますが、御言葉を聞いた当初はそれすらできずただホワイトボートに書かれてあるものを写すだけでした。
なので、御言葉を理解する、ということがあまりできていませんでした。ノートの取り方があまりにも「あとで読み返すため」というより「今頭の中にあることを書きたい」という感情があったからです。そして、あとから見返すと意味がわからないのです。
しかし、そんな私が御言葉を聞き続けたのは…聞いたあと、心がほぐされ、癒され、嬉しくなったからなんです。ちなみに今日もそうでした。
つまり、情的、霊的には「御言葉を受け入れ、喜んで」いるってことです。
このギャップ、「理解できないけど喜んで受け入れる」には長いこと苦しまされました。だっていざ行うときには理解しないといけないから…。
摂理の御言葉には「愛」があります。それも「脳の愛」が。脳に直接喜びの考えが行くから、肉体が感じるより100倍は喜びの気持ちが出ます。そういうものを感じて、そして、自分も優しい気持ちになれるんです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事