satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と「七つの大罪」。その2

摂理と「七つの大罪」。その2

こんにちは、satoです。
今日はひさびさに漫画ネタを。
以前「摂理と「七つの大罪」。」という記事で漫画「鋼の錬金術師」から「七つの大罪」の「傲慢」と呼ばれるものについての考察を書きました。今日はその第二弾を書いてみたいと思います。
というのもですね。
今週の御言葉が「愛の核心、愛の本質は「脳の愛」だ」という主題なんです。
核心的には
人が愛を感じるのは脳だ。
だから、脳に御言葉を入れて、神様のことを考えるならばそれが神様を愛することになる。
そのときに人は肉体関係の愛より数百倍以上喜びを感じられるし、肉体関係の愛より数百倍のものから愛を受ける。

という内容です。詳しくはマンデーから主日の御言葉を見てみてください。
愛を感じるのは、脳。
つまり…「脳の中にある考えの中に何か問題があったら…愛を感じられないじゃん!」と気づいたわけです。
それなら、脳の中の考えを治療せねば!というわけで、久々にこの記事を書いたのです。
さて、本日は…
20101218180115f46.gif
(http://blog-imgs-45.fc2.com/より。)
「怠惰」です。
人は何かをすれば、何かしら感じることができます。
自然を見れば、その美しさを。
ご飯を食べれば、そのおいしさを。
運動すれば、ちょっと疲れるけど体を動かす楽しさを。
休むにしても、ただ寝るのではなくゆっくり歩いたり、散策したり、時にはおいしいものも食べたり…そうしたら心もリフレッシュして次のためのエネルギーを充填することができます。
実際、私も一度散歩をしたらとても楽しく主と対話をしながら、買うべきものを思い出して、そしたら安く買えて…と楽しい時間を過ごせました。
しかし…これらの楽しい時間を邪魔する思考があります。
それが「めんどくさい。」
人は肉体を持っていますが、肉体は物質です。物質というのは基本「前の状態を保とうとする」性質があります。だから、肉体を持っている人間も「動きたくない」という肉の性質があるのです。
しかし…だからと言って「外に出る」とか「ご飯を作る」とか、そういうことをめんどくさがってしまうと生きられません!
近年ネットが発達して、人は「動かなくても様々な情報を得られる」、「体を動かさなくても、時間をつぶすことができる」ようになりました。なので、一日中動かなくてもパソコンとかスマホさえあれば時間を遣うことはできるのです。ネットサーフィンしたり、ニコニコ動画見たり。
かくいう私も摂理に来る前は大学に行く以外はほとんど家でパソコンの前でニコ動を見るか、家やブックオフで漫画とかラノベを読むか…という非常に非生産的な生活をしていました。
皆さんにお聞きしますが、これは「健全な生活」と言えるでしょうか?
動かなくてもよくなった世の中だからこそもっと蔓延する「怠惰」。
この怠惰の根本は「自分の中にしたいことが見つからない」ということなのではないか、と思います。
何もすることがないから、動かないでネットをする。ゲームする。「むなしい時間をつぶす」ために。
しかし、それで潰すのは「むなしさ」ではなく、「自分」なのです。
自分が成長、変化できる可能性。自分の「個性」。
そう、人には必ず何かしらの能力があります。
ハガレンの敵キャラ「怠惰(スロウス)」にもありますよ…。目に見えないほど高速で突進するという能力が。そう、彼は最速のホムンクルスなのです。
「怠惰」なのに最速…。あんなに筋肉隆々で動きは遅そうなのに…最速。めんどくさいと連呼していて、寝る時もあるのに…最速。
そう、動けばできるだけの能力はあるんです。
それなのに、怠惰でやらない。それって…もったいなくないですか?
鄭明析先生は怠惰についてこうおっしゃいました。
すべき時にしないのが、怠惰だ。怠けることだ。
すべき時にすれば、「スロウス」のように、高速で動くことができます。またたく間に問題が解決し、またたく間に変化する。ぶつかったサタンも吹っ飛ぶでしょう(笑)
「そして何よりも…速さが足りない!」
あ、これはハガレンじゃない。某兄貴の言葉だ。
でも、ホントこれですよね。速さが足りない。速さが足りないと自分の肉の問題にぶつかり、サタンに掴まれ、世のしがらみに囚われ…。
スロウスの最期のセリフ…「生きるのも、めんどくせー」ってことになります。
生きるのがめんどくさくなる前に…まずは動きます。
動けば何かしら変わるから。
「御子を呼んで何になるの?」というのではなく、まずは一度でも。
考えが変われば…行いが変わるでしょう。
何をすればいいのかわからない…それなら、マンデーでもいかがですか?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事