satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoの事件簿。その3

摂理人satoの事件簿。その3

前回から大分間が空いてしまいました…。すいません。
今日は「摂理に来て間もない頃」の私が起こした事件です。
題して「シャワー事件」。
それは、私が摂理に来て東京のメンバーの家にお邪魔したときのこと。
私はそこでシャワーを浴びようとしたのですが…「電気の付け方」がわかりませんでした。初めて行く家で、電気のスイッチがどこにあるのかわからなかったためです。
それで、私は…「電気をつけないままで」シャワーを浴び始めたのでした。「まぁ、ちょっと暗いけど見えなくはないし大丈夫。」そう思って。
そうやってシャワーを浴びるなか、たまたま通り掛かった家の人が、「電気ついていないのにシャワーの音がする…?」と不思議に思って電気をつけました。私はそれに気づいて「あ、ありがとうございます!」と感謝をしました。
…書いてて、色々おかしい気が(笑)
家の人に「いや、聞いてよ!(笑)」と言われましたが、正直「こんなこと聞くのは申し訳ない…」と思ったのか、はたまたできるだけ人と話さない癖があったのか…。
実は、そのあとにも「お湯の沸かし方がわからない」ために水のままシャワーを浴びたのでした。そのときもすぐにメンバーの人が気づいて親切に教えてくれました。そのときも「聞いてよ!(笑)」と言われましたが…。たぶん、「二回も聞くなんて申し訳ない…。」と遠慮していたのだと思います。
こんな感じで「人に迷惑をかけたくない」という思いが強かったために珍行動をしていた私でした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事