satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と夢。

摂理と夢。

もう一つ、日記を書きます。
ここでは多くは書けませんが…最近夢を通して「自分の根幹的な矛盾を教えてもらう」ことが多いです。
でも、「夢は魂体の世界だ」という鄭明析先生の御言葉と「夢ででも確認できる」という御言葉、そして霊の状況に関心を持つことと祈りがなければ「単なる悪夢」として捉えてしまいます…。
起きたとき相当恐かったです。
でも、よくよく祈りながら考えてみると、どれも私の問題なんですよね。
それが悟られてから、とても調子が…よくはないですが、少しずつ前進しているのを感じます。
なぜこの日記を今書いたかというと…
「今日はどんな夢を見るのだろうか…」恐ろしさ半分・楽しみ半分で今日も眠りにつくからです。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事