satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoによる「悟りの箴言」。

摂理人satoによる「悟りの箴言」。

こんばんは、satoです。
日曜まで鄭明析先生から出された宿題、「個人がよくできること」の箴言を書き続けていました。個人的にはこの宿題を出していただけたことに感謝なのです。なぜかって言うと、私はこういう「名言」を作る、見ることが大好きだったのと、いつも色々考えていて、多くのことを感じるけど、それをプットアウトする機会がなかったからです。
今回の宿題でひたすら自分に火がつくまで書き続けた結果…最終的には(未公開・他のところに書いたものも含めて)21日間で400個書きました!
もうここまで来ると神様が共にしてくださった、ということで感謝するしかありません。悟りは「神様から与えられる」ものだからです。
さて、「個人がよくできることについての箴言」を書く宿題は終わりましたが、せっかくこんなに恵みを受けたのだから…私が悟ったことを箴言にすることは続けてやってみたいと思います。
題して「摂理人satoの悟りの箴言」!…ブログタイトルに「恋して悟り」ってあるし、いいですよね(笑)
今日は、こんな感じです。
1.会いたいと思って考え続けたら、夢で出会った。
2.いつも祈って、深く対話している内に主と夢で出会った。
3.深く対話することで主と深い経緯ができる。だから、夢にまで現れるのだ。
4.強く考えれば、夢で会う。
5.恋した女性に夢で会った。それは平素起きているときにその人のことを見続け、考え続けたから、夢にまで現れたのだ。
6.これと同じように、いつも御子のことを考え、主のことを思い続けている内に、眠っていても主のことを考えるようになる。だから夢に出るのだ。
7.夢は魂体の世界だ。魂体は強く考えた通りに作られる。だから、強く考えたことは夢にまで現れるのだ。
8.つまり、夢を分析すると「自分が平素強く考えていること」がなんなのかわかるようになる。
9.平素ぼんやりと考えていたら、夢もぼんやりしている。
10.平素勉強し続けたら、夢でも学校で勉強している。このようにすべてのこともそうだ。
…これは「個人に火をつける」期間に体験したことがもとになっています。
今週の御言葉で「考えを生かしなさい」とありました。
平素から考えていることを意識してみたら、自分について何か発見があるかも?是非、やってみてください!∩(^ω^)∩

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事