摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」ファイナル!その3


こんにちは、satoです。
今日で「個人に火をつける」祈りの期間が終わります!\(^o^)/最後に悟ったことを箴言として残していきます!
1.自分をよくできるように作っておけば、後には自分の命を助ける。
2.人も個人がよくできるように作っておけば、後には自分を助けてくれる。
3.いつも3時から祈りをしていたするために2時半に起きていた。そのときに後輩も起こしていた。後輩は起きるときもあれば、起きないときもあったが、諦めずに毎日起こし続けた。
ある日、夜遅くまですべきことをしているうちに12時を過ぎて寝るようになった。その日は遠出をしていたので体がとても疲れて、深い眠りについていた。
しかし、3時前になって頭を叩かれて起こされた。起きて見たら、いつも起こしていた後輩が起きていた。彼が私より早く起きて私を起こしたのだ。
このように、「個人をよくできる」ように人を作れば、後で自分を助けるようになる。
4.一人で考え込んでいては何もできない。
5.個人がよくできないと、しきりに考え込むようになる。だから、何も進まない。
6.まずはあなたがやってみなさい!そうしてこそ前に進む。
7.悩むくらいなら、その時間にやる努力をしなさい。
8.悩むときは誰にでもある。そういうときは自分が好きなことでもして、心をほぐしなさい。そうしてこそ、やりたくなる。
9.ご飯も自分が味わおうとしなければ、本来の美味しさが感じられない。御言葉もこれと同じだ。
10.御言葉は「あなたの霊魂の糧」だから、美味しくないことがあろうか。ただ、あなたが味わおうとしないから不味く感じるのだ。
11.美味しくて、自分が好きな食べ物でも考えないで食べたら、印象に残らず食べたことを忘れてる。御言葉もこれと同じだ。
12.だから、御言葉を聞くときには考えを集中させなさい。
13.ただ「御言葉をすべて味わおう」と、すべての神経を御言葉を受け入れることに集中しなさい。
14.自分の考えを入れて御言葉を聞くことは、ちょうどサーモンを口に入れながら大トロサーモンを食べるようなものだ。味が混ざって、美味しいかどうかがわからない。
15.箴言は「心情」の言葉だ。
16.御言葉に込められた心情まで悟ってはじめて、御言葉の本当の味がわかる。
17.心情を深く悟ったときに、自ら行いたい心が湧き、個人がよくできるように作りたくなる。
18.だから、心情を受けるまで続けてやってみなさい。そうしてこそ心情を悟れる。
19.同じことを繰り返すのでなく、次元を自ら上げなさい。次元を上げることにも熟達していてこそ、個人がよくできるようになる。
20.次元を上げることに熟達すれば、人生に飽きが来ない。だから、永遠の生だ。
…今日の箴言は生活の中で、兄弟と寿司を食べたときに、サッカーをする中で…とそういう「実践の中の悟り」を書きました。

ABOUTこの記事をかいた人

霊肉ともに生粋の道産子・摂理男子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生、かつ教育系の仕事を色々しています。 軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向。見て聞いて感じたことから深く考え、悟りを得ることが一番好き。祈りと賛美大好き(*´∀`*)グルメ巡りと御言葉を基にした小説作品は私の密かな夢。