satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」300個への道。その2

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」300個への道。その2

こんばんは、satoです。
今日も「個人がよくできること」についての箴言を書きたいと思います。自分が個人でいたときに経験したことを中心に書いていきたいと思います。
1.個人でよくできなければ、団体でもよくできない。
2.たとえ、礼拝でみんなと共にいても「自分が」御言葉を聞くことに集中しなければ御言葉を悟れない。
3.礼拝中は肉体で罪を犯すことは滅多にしない。しかし、その心では罪を犯す可能性がある。
4.また、異性的な考えとかをしなかったとしても、御言葉と関係無いことを考えれば、頭に御言葉が残らない。
5.考えを集中させれば、御言葉しか頭に入らない。
6.周りでテレビが付いていようとも、箴言を書いていれば気にもならず目にも入らない。
7.考えが集中を生む。
8.頭の中にある考えによって「集中」もし、「眠り」も生む。
9.頭の中に「一つ」の考えがあればそれに集中するし、「多数」の考えがあれば集中できず睡眠状態になる。
10.ご飯が目の前にあっても、箴言を書くことに集中すれば気にもならない。
11.しかし、箴言を書くのを止めてご飯を食べる考えが少しでもあれば、ご飯が気になる。
12.だから、少しでも御言葉から外れる考えがあれば、それを切りなさい!
13.御言葉以外の考えが少しでも残っていれば、一人でいたときに行えない。
14.大勢の人がいるときには別の考えがあっても周りに合わせてとりあえず行うことができる。しかし、一人でいたときにはできない。
15.一人で行うようにするためには、考えを御言葉で武装しなければならない。
16.一人で行う考えを、つまり、「自分が」御言葉を行う、という考えを武装しなければならない。
17.繰り返し考えることで武装するのだ。
18.強く考えることで武装するのだ。
19.一度決心して他の考えを切って行うことで武装するのだ。
20.他の考えを切って行ってしまえば、考えは他のところに逸れることはない。体がすでに動いているからだ。
21.体を動かせば、考えはそれについていく。
22.初めは考えで決心し、次は行動だ。そうしてこそ考えが作られる。
23.どんなに考えても、行わなければ弱くなる。
24.考え続けてこそ、新しいことが思い浮かぶ。考えることが求めることだからだ。
25.考えの強さが、行動の強さだ。
26.行動の強さが、魂の強さだ。
27.魂の強さが、霊の強さだ。
28.強さとは「他のものに揺れず、その事だけを行う・考える」ことだ。
29.新婦だから、強くなければならない。
30.世の中を見て揺れる新婦ではダメだ。それでは生き残れない。
31.世の中を見ても揺れない「愛の強さ」、「考えの強さ」、「
行動の強さ」を持ちなさい。
32.軍人新婦になりなさい!軍人のように「御子の御言葉を徹底的に従順する」強い精神を持った新婦になりなさい。
33.軍人が敵から国を、愛する人を守るように、軍人新婦が新郎と天国を守る。
34.行いの強い新婦が愛する新郎と命を守る。
35.速い新婦が愛する新郎と命を守る。
今日はここまで…。
実は今日の箴言、とあるご飯やさんで書いていました。
テレビもついているし、目の前にはご飯があります。そんな状況でも箴言を書くことに集中したときに浮かんだ、「実践の上の」箴言です。
これを書いてて気づいたのですが、鄭明析先生も同じような状況ですよね。先生の周りには世の中の音楽とテレビ。そして、ご飯。
その状況でも私たちのために御言葉を書く心境を少しですが実感できた気がします…。


しかし、私は35個書いたときにちょっと詰まって、中断してご飯食べたけど…。
先生はそこからさらに求めて、100個近くの箴言をもらってる。
それは先生が御子を愛するからだし、私たちのためにあそこまで…
と思いながら、先生に思いを馳せていると、こんな箴言が。
36.そうだ。先生はあなたたちを深く愛するがゆえに、ご飯を食べずテレビや世の中の音楽も気にならないほど「あなたたちのために、気を揉む心情で」毎日箴言を書いている。
37.「どのような箴言を書いたら、彼らは悟れるだろうか」、「もう一つ箴言を伝えたら悟るだろうか」と一つ一つ思いを込めながら箴言を書いている。だから、世の中の音楽もテレビも目の前のご飯も気になるだろうか。
38.あなたたちを愛するがゆえに、箴言を書くのだ。だから、あなたたちが悟れるように思って書くとき、先生は嬉しいし、楽しいのだ。
39.しかし、一方で「早く悟らないと引き上げを成すことができない!」と気を揉む心情、いや、心を掻き裂く心情、血の涙を流す心情で箴言を書いている。それもまた、あなたたちを愛するがゆえだ。
40.心情を完全に表現する言葉は存在しない。心情は心情で感じないといけない。
41.心情を受けたければ、祈りなさい。行いなさい。
42.心情は「先生と共に行う」人のものだ。
43.心情は「先生と同じように行う」人のものだ。
…アーメン。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事