satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理の中の私と神様。その3

摂理の中の私と神様。その3

イエス様とたくさん話すようになって最初にあったのが「感動を受ける」ことでした。
たとえばあるときメンバーがある人に関してつまずいているという話をしていたとき、私は雨が降っているのを見て「神様が泣いている」と感じて一人空を見ながら神様を慰めようとしたことはありました。
また、漫画を読んでても御言葉を感じることがありました。深く考えていたからでしょうか?
そんな感じで御言葉を聞き進めるうちに私に起こったこと。それは「魂の発達」でした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事