satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」100個への道。その3

摂理人satoによる「個人がよくできることの箴言」100個への道。その3

昨日は書けませんでしたが、今日はその分経験したことを通して箴言を書いていきます!
77.どんなに本を読んでも、自分自ら考えなければ頭が痛くなるだけだ。
78.自分が書いてみて、読んでみて、考えてこそ、書いてあることの意味がわかる。
79.これと同じく、御言葉もただ聞いているだけでは頭に入らず、空っぽの頭になってしまう。空っぽの頭にはサタンが喜んで住み着く。
80.御言葉を悟ろうと自ら集中して、自ら反応してこそ、御言葉から火を受け、愛を感じ、悟りを得る。
81.また、御言葉を読み返し、繰り返し考えてこそ解けなかった問題も解けるようになる。
82.自ら神様を呼び求め、解けない問題を尋ねてこそ答えが来る。
83.自分の考えでは頭が痛くなるだけだが、神様の考えは心がスッキリする。だから、全ての問題を自ら神様に委ね、尋ねなさい。
84.神様は自ら求めるものに与えて下さる。
85.神様は自ら門をたたくものに戸を開けて、天国の生を享受させる。
86.神様は自ら愛する者に愛の門を開き、永遠な喜びを享受させる。
87.天国は「一人で愛がよくできる」世界だ。
88.天国では自分自ら愛する愛しかない。だから、いつでも光が絶えず、活気が絶えず、喜びが絶えない。
89.地獄は「一人で愛ができない」世界だ。だから、疎外感、寂しさ、憎しみ、嫉妬が消えず、暗闇と苦痛が永遠だ。
90.疎外感、寂しさは『自ら』愛さないことから来る。
91.自ら愛する人は疎外感、寂しさとは無縁だ。
92.嫉妬は自ら行なわず、人と比べるところから来る。自ら行なえば得られるのに、自ら行なえないから、持っている人を羨ましく思い、妬み、嫉妬するのだ。
93.自分の主観で固まった心、否定的な心も、自分から行なえばほぐれ、楽しくなり、心が熱くなる。
94.肉性も霊的なことを自ら考えて行なえばほぐれ、春に雪が解けるようにきれいさっぱりなくなる。
95.自分の悪い性格も、直さなければならない癖も、自ら良いものを見て、聞いて、学んで、繰り返し行なえばきれいになくなる。
96.異性も自分が決心して「神様を愛する」ならば目に入らない。心が流れない。性的な刺激が来ない。
97.自分が罪を犯した時、悪い考えが来たとき「自分の感情、考え」に閉じこもるから、その考えが消えずむしろ強くなり、固まってしまう。
98.考えが肉性に傾いた時に神様はそばにいてくださる。それが「良心、感動」を通して現れる。その時にまずは心を神様に注ぎなさい。その心が「呼び求める」行為を生み、悔い改めを生み、海のような神様の許しを得るだろう。
99.運動も繰り返し行ったら、体が速く動くようになる。これと同じく、自ら繰り返し考えたら、考えの速度が速くなる。
100.自ら強く考えてこそ、その考えが行いとなって実現する。考えが弱いと観念で虚しく終わる。
101.一人でも考えることを良くできてこそ、考えが周りに流されない。
102.一人でも行うことを良くできてこそ、周りの波長に流されない。
103.心は絶えず揺れ動く。自らが傾ける通りにこぼれ、流れていく。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事