satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人satoをプロデュース。by Lord. 空想編その1

摂理人satoをプロデュース。by Lord. 空想編その1

さて、話は変わって。
私は摂理の悪評サイトを見て以降、摂理に対して不信感と不安がありました。しかし、そんな状態でも「イエス様」のことはとても信頼していたみたいで、お祈りや主日礼拝に行くことはずっと続けていました。当時は御言葉でも先生の話よりイエス様が前面に出ていた時期でもありました(これには深いわけがあるのです…)ので、そういう面での「負担」も少なかったです。
また、礼拝で捧げる賛美やチアも好きで、楽しんで踊っていました。そういうわけで摂理にいること自体はとても好きでした。
特に好きだったのは…祈りでした。
しかし!祈りをしているときに超邪魔になるものが!それは…マンガ
私はそれまで毎週ジャンプやら週マガやらなんやらかんやら…実に多くのものを読み続けていました。それは続きが気になるからでした。
でも…明け方の祈りの時にずっとその画像が頭に残ってる!それで祈りに集中できない!( º言º)
そういうわけで…マンガを読むことをスッパリ止めました。それまで大好きだったんですけど、切りました。
それくらい、当時の私には祈りが大切なものでした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事