satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と自転車修理。

摂理と自転車修理。

こんばんは、satoです。
つい最近、私のチャリの後輪がパンクしました。それで、自転車屋さんに修理してもらいました。そしたら、なんとチューブがボロボロ!チューブ交換をすることに…。
原因は「空気を入れないまま走った」からだそうです。このように…自分の心も愛の考えがないまま摂理を走ったらボロボロになるんだな、と悟りました。
そして、一時間後。
自転車屋さんに行ってみると、そこにはしっかり空気の入ったタイヤを装着したチャリがありました。しかも。
「前輪にも空気が入っていなかったので、入れておきました。ライトが切れていたので付くようにしました。チェーンに油を差しておきました。」
と、自分でも気づかなかったこと、気づいててちょうどこれもと思っていたことまで完全になってるではありませんか!?
さすがプロ(をとおして働かれる御子)は違う。このサービス精神。
このように、天に自分の問題を委ねると他のところまで完全に直してくださるのですね。
鄭明析先生の御言葉通り、神様に委ねることが大事です。アーメン。
そして、鄭明析先生もおっしゃるように普段の生活に隠れた神様のメッセージはたくさんあるんだな、と感じました。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事