satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

閑話休題:摂理との出会いを改めて書いてみて…。

閑話休題:摂理との出会いを改めて書いてみて…。

色々話をはしょっていますが、ここまでが「摂理の御言葉を勉強した流れ」です。思い出したら追加で書こうと思います。
改めて書いてみると…「よく変化したなぁ、私」と思う(笑)しかし、一方で「あのときの自分は素直だったなぁ」とも感じます。あのときの自分にもいいところはあって、それは今摂理を走る私が忘れていたなぁ…と思いました。
さて、次回からはこのブログのタイトルにもなっている「摂理がカルトだ」という記事を私が見たこと、及び、そこからどうして摂理に残っているのかについて書きたいと思います。
正直言ってこの話がメインで、ここまでは前座です。ずいぶん長い気もしましたが…(笑)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事