satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と「あなたは悪人を非難できますか?」

摂理と「あなたは悪人を非難できますか?」

おはようございます、satoです。
最近、色々なニュースを見ていて思うことがあります。
それは「逮捕された人に対する人権の侵害がひどいのではないか?」ということです。
例えば、痴漢で逮捕された人がいるとしますね。そしたら、マスメディアやネットの中で必ずと言っていいほど「個人情報」が流出します。その人がどこに住んでいるのか、その人の家族構成…etc。そして、必ずと言っていいくらい「家族に取材しよう」とする記者がいて、そこで「この人は子供の時どんなことをしていたのですか?」とか根ほり葉ほり聞いてくるわけです。
(もちろんすべてのメディアがそうだ、というわけではありません。)
また、逮捕された人の家族ってなぜか周りから「犯罪者の家族だ…」と非難されることが多いのです。それで、当人はもちろん家族までが社会で生きられなくなります。特に日本の社会は「人間関係」に強く依存していますから。
しかし、考えてみてほしいのですが。
まず、誰が「自分の家族に犯罪を犯してほしい」なんて考えるのでしょうか?
その人が逮捕されて、一番傷を受けているのは「その人の家族」ではないでしょうか?
その人を愛で育ててきた親、その人となんだかんだで親密にしていた兄弟姉妹、その人を見守っていた親戚…。その人に近しい人ほどショックは大きいと思います。
そんな人に対して「あの人は犯罪者の家族だ…」と非難する…それが本当に「心ある人」がすることでしょうか?
そして、逮捕された人が本当に「悪いことをした」ということができるでしょうか?
先の痴漢の例は、冤罪事件が本当に多いです。触られたかどうかは最終的には「被害者の主観」によって決まるところがあり、かつ「被害者」が弱い立場として扱われ、そちら側に偏った判断がされがちだからです。
このように、その人が本当に「犯罪を犯したのか?」はわからないのです。
(…もっとも、「PC遠隔操作事件」のように冤罪を訴えていた人が真犯人だった、というパターンもありますが)
もし、その人が犯罪を犯していなかったとしたら、非難の言葉やバカにする言葉を言えますか?
真実がわかったとき、あなたの心は苦しくならないでしょうか?
もう一つ、「逮捕された犯罪が本当に悪とされることなのか?」という疑問もあります。
もちろん、人を殺すことや盗むこと、人をだますこと、性犯罪。これらは神様の法からも「悪」とされることです。律法の時から今に至るまでそうです。
しかし、時には「正しいことをしていたのに、世の中が悪とみなして罪人扱いされる」こともあります。
たとえば、ネルソン・マンデラ。彼は南アフリカの人種差別を撤廃し、ノーベル平和賞を受賞しました。今、彼を「悪人だ」という人はいないでしょう。
しかし、彼が若い時に反アパルトヘイト活動に身を捧げ、撤廃のための軍事組織の司令官をしていた時、彼は「国家反逆罪」として逮捕されました。そして、27年間投獄され続けていました。その当時、果たして「彼は正しいことをしていたのに、国家によって罪人扱いされた」と考える人はどれくらいいたでしょうか?たぶん「彼は危険な犯罪者だ」と考えていた人が大半だったのではないか、と考えます。
つまり、世の中が悪とすることは「時代によって変わる」のです。当時は罪人扱いされたけれど、今では英雄、勝利者、善を行った人として見られているケースは多くあります。ネルソンマンデラ然り、ルター然り、ガリレオ然り…。
(これは逆もあります。つまり世の中が成功とすること、良いとすることも「時代によって変わる」のです。あなたのしていることは「本当に正しいことなのでしょうか?」)
結局、何が本当の善で、何が本当に悪なのか?
鄭明析先生は明確におっしゃいました。
「神様の御言葉を聞いて従う人が善であり、信じず従わないことが悪だ」と。
永遠に存在なさる神様。本当の善と悪は神様のみが知っていらっしゃいます。
では。
今目の前に「悪人とされている人」がいたとします。
あなたは…その人に非難の言葉を浴びせることができますか?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事