satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人、祈りを楽しむ。

摂理人、祈りを楽しむ。

こんばんは、satoです。
最近、祈りが楽しくなってきました。
というのも、先週くらいまでは「明け方起きても祈れないで、ぼうっとしてる」というもがき状態が続いてました…。しかし、「もう少し祈りなさい」という御言葉を中心にして少し踏み込んだ内容の祈りをしたときに多くの答えを得るようになりました!
それで味をしめたのか、少しずつ先生のための祈りが切実にできるようになりました。
今までは「心に溜まっている感情」を吐きだすように祈り続けていました。しかし、特に明け方の祈りの時にこの祈りの方法に限界を感じていました。端的に言えば「言葉が出ない」状態です。
一方で祈りがはまり、深くなった時…私は考えていました。
「どうしてこの御言葉が出るのだろう?」と。
それで、私の「知らないところ」を知るようになり、そこが埋まることで祈りの次元が上がったようです。
そういうわけで、今はかなり祈りを好きでやっています!(。-`ω-)
ちなみに…普段の生活でも「心に思ったことをそのまま話そう」とするとどうしても言葉がでなかったり、言うべきでないことまで話したりとトラブルが多いです。
「考えながら話す」(個人的感覚では「言葉が繋がるように落ち着いて話す」、「感情を抑えて、理知的に話す」)と言いたいことがうまく話せます。
なので…「考えながら話す」のって大事ですね!


この記事を投稿したあと、御子に「今日は祈りについて書きました」と報告したら、「「考えること」が大切だ」という感動が来ました。確かに、「考えること」で祈りが深くなりましたから。
皆さんも、考えることを大事にしましょう☆

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事