satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人よ、諦めるな!

NO IMAGE

こんばんは、satoです。
昨日の日記で書いたように、摂理には希望があります。それが「引き上げ」です。
でも…そのためには「御言葉通り行う」ことが必要です。これがなかなか…思い通りにいかない!
それは私たちが神様を知らないところで育ってきて、脳が神様の御言葉とは違う考えで作られているからなんですよね。
だから、一度完璧にやった、と思ったらあるとき全くできなくなる…なんてことがしばしば。例えば、明け方の祈り40日続けてやって「もう体質になっただろう…」と思ったら、次の日には起きられず…。
「せっかくここまでやったのに…_| ̄|○」
こうやって落ち込んでしまう。
日本人は特に完璧主義な人が多いので、ちょっとでもできてないと「なんか申し訳ないな…」と萎縮して、神様から遠ざかり。しまいには「なんでこんな申し訳なく思ってるんだろう…(*´⌒`)」と辛く思い諦めてしまうのです。
しかし。
今日、聖霊集会で。
「引き上げを諦めるな!」
と話されました。
一度できなかったとしても、残っているものはある。それを使って最善を尽くせばいい。そうすれば次の次元に上がれる。
先生も岩の造形を作る際、4回も崩れたのですが…それでも。
「岩は崩れても、私の心は崩れなかった。」
先生は最後まで諦めず、その都度最善を尽くしました。一回崩れる度、次元を上げた作品を作り、その結果…今のような美しく、雄大で、神秘的な造形を作り上げました。
私たちも今日の聖霊集会で受けた聖霊の感動があると思います。また、今まで受けてきた恵み、悟りはあります。それは私たちが最善を尽くした結果でもあります。それを、忘れなければいい。
その土台の上にもう一度。
最善を尽くしてやれば、なにかは残るはず。そこで学んだことを使って、またやろう。
私と共にやろう。最後まで。
過程を楽しみなさい。
そう、御子から、主から言われたような感動がしました。
だから…最後まで諦めるな、摂理人!

日常生活カテゴリの最新記事