satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と反応。~感覚を取り戻せ~

摂理と反応。~感覚を取り戻せ~

こんばんは、satoです。
先週の聖霊運動では「関心」の御言葉が出ました。そして、主日では「御言葉に反応する」こと。これが御言葉を深く聞き、先生が来られたときの感覚を取り戻す方法だ、と話されました。
実は…私はこの御言葉があまり好きではありませんでした。というより「反発」してた?
それは「御言葉を聞くので精一杯で、そこで反応のことまで考えると御言葉を聞けなくなる!」と思ったからです。
実際、反応を大きくしようとすると、そこにばかり集中して肝心の御言葉が聞けてない…ということがありました。
それで「御言葉を心に入れるために」あれこれしてる中でこの御言葉を聞いたので、正直心に余裕がなかったんです。
しかし、水曜の御言葉振り返りの時間でこの話をしているときに「先生が目の前にいたらもっと嬉しくなるはず!」という話になり、目から鱗が落ちました。
「そうか、目の前に先生がいることさえ意識すればいいのか。愛する先生が目の前に来られたなら、そう思うと心が嬉しくなるな確かに…」
そんな悟りと感動を聖霊様が与えたのか、実際にやってみました。
御言葉の時に、先生が来られていることを意識すること!
その日はちょうど先生の過去の御言葉を映像で聞いていたので、より意識しやすかったです。
最初に先生が壇上に上がられたときに、
「ハレルヤ~~~!」
いつもの三倍増しの反応でした(笑)文章で表現できないのがもどかしい…!
御言葉を聞くときも、いつもなら自分の考えが絶えず浮かんで集中できないのが、「自然に」御言葉に集中できました。おかげで自分の主観がひとつ解けました。遊ぶな、という御言葉について。それが昨日の日記です。
この集中を保つのに訓練は必要ですが…これならいける!と感じました。
「聖霊運動ではこれよりもっと反応できるように…」とお祈りしたら、「それくらい反応できるなら十分だよ(笑)」と感動が来ました(笑)
反応にもがく皆さん、是非「愛する人が目の前にいる!」ということに集中してみてください!そしたら反応がよくなりますよ!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事