satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と聖霊の御働きその1

摂理と聖霊の御働きその1

こんばんは、satoです。
今日から韓国から講師が来られて日本を巡回されます。今日は関西地方です。
今日は聖霊運動でした。
ところで、聖霊って?
簡単に言うと「神様の心」が聖霊です。御子の心、聖霊様の心、これが「聖霊」となります。だから、聖霊を受けると悟りが来るし、自分の変わらなかった性格が変化するし、心情が感じられ、熱くなり、秩序が生まれます。
聖霊運動は「聖霊様」が中心になって働きかけてくださいます。
聖霊様は一言で言うと…「天母」です。天にいますすべての母。
お母さんが言葉ではなく、うまく心に感動を与えてさせるように、聖霊様も心に感動感化を与えてやりたいようにさせます。
このお方の聖霊を受けると…
罪が悟られ、悔い改めができるようになります。
心にやりたい感動が来て、行う力を受けます。
そして…時代の使命者を悟るようになります。
だから、私たちは切実になるのです。
今日は…核心的には「関心」について価値を悟らせられました。
関心、これさえ使えば「引き上げ」とか「霊」とか「神様の愛」、気づけず実感できないものを実感させられる。
つまり、引き上げをどうなすか?今はどんなときか?自分はどこまで引き上げられているのか?を考え続ければ引き上げが実感できる、ということです。感覚がつかめれば引き上げは容易い。
だから、私たちは今日も呼ぶのです。聖霊様を呼び、聖霊を受けて、私の変われない心を変えるために。
罪を告白して、清められるために…。
今日は心がスッキリしたので、明日はさらに主との対話の感覚を研ぎ澄ませ、心を変化させていきます。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事