satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人と御子との対話。~現状が不安なとき。~

摂理人と御子との対話。~現状が不安なとき。~

さっきの日記を書いていて。
「主よ」
「?」
「…私たち、これからどうなるのでしょうか?」
「…」
「私たちの現状を見ると、あまりに足りない。
人が減り、復興すべきところはたくさん。明け方の祈り、信仰、肉の生活…。」
「未来を見なさい。」
「え?」
「今を見れば落胆するしかないが、未来に希望を持って行いなさい。」
「…御言葉通りですね。その通りです。確かに、これからもずっとこのままではない。私たちが行えば、必ず変化しますよね。」
「…まだ不安なようだけど。」
「…はい。変化はすると思いますが、果たして追い付けるのか。
変化のスピードが遅いのではないか、と思ってしまうのです。」
「すべき時に、すべきことをしなさい。自動小銃のように、間髪入れずにだ。」
「…!」
「私がすべきことを教えるから、祈りなさい。
そして、それを行いなさい。そうすれば必ず追い付ける。なぜなら…私は全知全能の神、御子だ。全人類の救いは私が責任を持つ。私は全ての人が救えるように最善を尽くす。」
「…アーメン!その言葉を聞いて安心しました。本当に感謝します!頑張って行います!(*^ー゚)b」
「(*^ー゚)bまずは祈りなさい!」

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事