satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人と神様との対話。

摂理人と神様との対話。

「すいません、最初に書いたの消えちゃったので、もう一度はじめから書いていいですか?」
「このように、何かをすれば問題が起こる。気をつけて行いなさい(*^ー゚)b」
「はい。こうやってブログ書きながら悟りが来るなんて、面白いですね!」
「私も楽しい。」
「神様~。いつもブログ更新できることに感謝します!」
「(^_^)」
「…さっき、「いつも同じような記事ばかりで私も神様も読者も飽きてしまうかも!」と祈ったら…」
「つ【新しいイベント】」
「って、答えくださいましたよね。御言葉通りですね!」
「その通りだ。」
「それで、祈って構想を受けなさい、と聞きました。」
「そう、何を始めるにしてもまず私から構想を受けなさい。」
「アーメン!そしたら「このやり取り書いたらいいんじゃない!?」と来ました。で、実際にやったら楽しい訳です!書くの楽ですし。」
「そう、私の構想通りにしたら楽しいし楽だ。そして、私も嬉しい。」
「神様、これから新しいイベントたくさん起こします!どうか共に書いてください!」
「わかった。しかし、今日は早く寝なさい。明け方の祈りが重要だ。」
「はい!おやすみなさい!」
「(^_^)/」

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事