satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の逆境。

摂理人の逆境。

こんばんは、satoです。
最近なかなか不調です…(-_-;)祈りも集中できない、兄弟ともぶつかる、癖が直せない…etc
昨日はどちらかと言えば好調で、悟りも多かったしスムーズに行けました。
こういうとき、あの聖句が浮かびます。
「順境のときは楽しめ。逆境のときは考えよ。」
考えてみれば、不調なときは自分のできていないところがあらわになります。それは…先生が教えてくださったように、今「引き上げ」を成す最後のこの時にとっては非常に重要なことです。「できていないところを直してこそ引き上げられる」から。
好調なときは自分の成長を実感し、神様に感謝する。
逆境のときは自分ができていないところをわかって、求めたら直す知恵を与えてくださる。だから、逆境も感謝。
引き上げがかかっているこの時、逆境もまた感謝なのですね(*^ー゚)b

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事