satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の夢日記。

摂理人の夢日記。

おはようございます、satoです。
突然ですが、摂理の人は夢についてよく考えます。あ、夜寝たら見る方です。
それは、自分の心、考え、精神が実相となった「魂体」が夢に出るからです。この魂体は自分が昼起きている間の行いを反映します。
したがって夢は「今の自分の状態」を表し、また、「これから自分に起こること」を表します。
(心理学用語でいう「無意識」とはこれのことでないか、と私は推測しています)
さて、今日の夢は「バスに乗っている」夢でした。その中には私と高校時代の友達、それと「不正乗車を厳しく取り締まる人」がいて色々するのですが。
その途中で私が「ぐらぐら揺れている歯を自分がひっこ抜く」ということをしてました。
一般に歯が抜ける夢というのは「自分の考えがなくなる」といういい意味があります。御言葉を聞いたある人はその日に「自分の歯がボロボロ抜け落ちる」という夢を見たそうです。…見た人は相当怖かったと思いますが(笑)とてもいい夢だったんです。
実際、私も一昨日の御言葉を通して自分のある考えが取れて、一気に解かれました。それで昨日は一日なにをやっても主を感じるくらい幸せだったのです!
まさに夢とぴったり。毎日そのような生活をしたいものです。
こんな感じで、夢というのは自分の生活と密接に関わっているのです。
あなたも何か不思議な夢を見たときには一度それがどういう意味か考えてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事