satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理人の初恋3。~真理の神様を感じて~

摂理人の初恋3。~真理の神様を感じて~

こんばんは、satoです。
突然ですが、私はある特性があります。
それは
「納得しないと受け入れない」
です。…御言葉を聞くときになかなか苦労するタイプ(^_^;)
どんなに論理的に筋が通っていても、心情を伝えてくださっても…わからないとわからないって言う。納得するまでとにかく主に聞く、という。悟るのに時間がかかり、しかもなかなか行えないので主がどれ程もどかしいのか。
しかし、主はこんな「なぜなに坊や」な私を憐れんで、たくさん御言葉をくださいます。そして、私が聞く質問に100%納得のいく答えをくださるのです。
最初は「なぜイエス様の十字架が救いになっているのか?」とかでした。
「…いや、そこはキリスト教なら絶対無条件信じないといけないところじゃないですか!?」ってツッコミ来そうですけど。
でも、どうしても納得できなかったんです。だって、「私たちを救うために十字架にかかった」と言われても因果関係がわからないし、それを強要されてだからそれに報いなさい、と言われても心理的に抵抗あるじゃないですか?
というのが当時の私の思いでした。
しかし、さすが成約歴史。すべてのことが解かれる御言葉。
このこともちゃんと御言葉を通して解いてくださいました。
当時御子の体となってすべての人を救うために御言葉を伝えてくださったイエス様。しかし、それをユダヤ教の人たちが迫害していました。あまりの迫害に人々に御言葉を伝えられず、イエス様を信じてついてきた人たちも離れかねない事態に。
「このままでは全人類の救いが成せなくなる…」
それでイエス様は決心しました。
迫害する彼らのもとに行くことを。
これ以上迫害がひどくならないようにするために、その体を差し出そうと。
迫害する彼らをも救うために、メシアが何をされても許す条件を立てようと。
その結果が、十字架だったのです。
それを聞いて私は納得しました。それと同時にその愛にとても感動しました。
このようにすべての疑問も、すべての葛藤も、解いてくださる御言葉。
そこに神様を感じたのでした。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事