satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

続・摂理と初恋。

続・摂理と初恋。

こんばんは、satoです。昨日に続いて、恋の話をしたいと思います。
恋…。昨日の日記で「初めて感じた強い刺激を忘れられずに、それを追い求めるのが恋だ」ということを書きました。
今までどうして人は一目惚れをするのかが疑問でした。というのも、私が生きて来た中で…「一目惚れ」が圧倒的に多かったからです(笑)
あれも「初めて見たときに「自分の何か」がヒットして、興奮した」ことがきっかけだったのですね。私は特に「好きなものを見続けたい」という傾向が強いため、一目惚れしてからその人にゾッコンになることは多くありました。…それで相手から引かれること多数(笑)
まぁ、お陰で異性的な体験がないため今では少し安心しているのですが。
しかし一方で「脳が刺激される感じ」の一目惚れも多いです。神様に対する思いはここから来ている気がします。あと、学習している時のモチベーションもここから。
異性を見たときの「衝撃」と悟ったときの「衝撃」は、実はかなり質が異なります。あくまで私の主観ですが、「異性を見た時の衝撃」は「感情」から来ているため、強いですが長くは続きません。それに対して「悟ったときの衝撃」は「霊」が強く受けているようで、これはかなり持続します。
例えば、最近数学の勉強をしたときに、今まで考えていたあることが急に理解できました。その時の衝撃は今でも続いていて、自分の勉強のモチベーションになっています。
神様に出会ったときの衝撃もこれと同じで、とても長続きします。ある意味でゾッコンになるくらい(笑)
初めて悟ったときの衝撃を忘れないで、もっと深めていきたいと思います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事