satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

摂理と時の移り変わり。

摂理と時の移り変わり。

こんばんは、satoです。
突然ですが、私には一つこだわりがあります。
それは…「文末に「w」は絶対つけたくない!」
ネットの掲示板で初めて見た時からずっと「これを使ったらオタクだと思われる、使ったら負けだ…」なんて考えていました。
ところが、摂理でとある姉妹からのメールを見た時に「~~ですよww」と書いてあって、とても衝撃!
なんせその姉妹はオタクとは縁遠い、育ちのいいお嬢様だったからです。もちろん彼女が隠れオタクという可能性はなくもないですが…
今日、この「w」について兄弟と話していると、昔と違ってこの「w」は一般にも広まっているということがわかりました。ある人は会社のメールでも見たことがあるとのこと…。
時代は変わったんですね…。かつてはオタク文化のことを「品がない」とか軽視していたのに、今では普通に使われるようになったんですね…。
このようなひとつの文化でも時代が変われば普通になるように。
まして神様の真理が世の中の常識とならないことがあろうか。
今は軽視され、悪評されている先生の御言葉も時になれば常識となるに違いない。
なぜなら、先生の御言葉は神様が教えてくださった永遠なものだから。
そう、悟りました。はやくその日が来ることを願います。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事