satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

今年も終わりに近づきました…。

今年も終わりに近づきました…。

こんばんは、satoです。
摂理では、今日が2013年最後の御言葉。来週はクリスマス、その次は年末の御言葉なので、今日が最後、というわけです。
最後に語られたのは、主の深い心情。
主の受けられた傷、悲しみ。深い愛。
私自身も御言葉を通して、「神様を悲しませることはしたくない」と心新たに決意しました。
そんな私が目下一番もがいているのが「自己主観を除くこと」。
私はどちらかと言えば、自分の考えが非常に強い人間で、御言葉に素直に従順~アーメン~とはいかないことが多いです。
しかし、自己主観って、摂理に限らず社会生活をする際に絶対支障をきたすと思います。だって、人の話が聞けず、自分の思い通りにしようとする。摂理は神様の愛によって、また兄弟姉妹の愛によってそれでもやっていけるかもしれませんが…ここで治せなければ、世の中で生活するときはどれほど苦労するのか…。
本当に早く直したいです。早急に、今年中に!\( *°ω°)ゝ”
そのためには、祈りが大事。それも深い祈り、真実な祈りが。
それもすぐにはできないから、焦らず、時間をかけて祈っていきます。

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事