satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

昨日の日記での「いい話」について。

昨日の日記での「いい話」について。

こんばんは、satoです。
昨日の日記で、「いい御言葉を聞いた!」と話したのですが、それについて簡単に書きたいと思います。
一言で言うと「神様の愛」についての話です。
神様はいつも私たちを見守ってくださっています。人は自分が困ったのを助けてもらったり、自分の考えた通りに成されたときに「神様に愛されている!神様が助けてくださっている!」と感じますが…。私も「授業料が免除された!」とか「仕事がスムーズに進んだ!」とか、そういう特別な時には神様を意識しやすいんですけどね~。それ以外の時には忘れてしまうことがしばしば…。
でも、神様はそれ以外にも「自分達が生きられるように色々気にかけてくださって」いたりします。例えば、母親は我が子をいつも見守っていて、普段から「子供が危ないところに行かないように」とか「危険なものに触らないように」とかしていますが、子供は「ご飯を食べさせてくれた」時くらいしか親に良くされたと感じないのと同じです。
そういうわけで、私たちが「神様の愛を感じない…」という時には、「神様を呼ぶ」だけで、神様が答えてくださっているのです。ただ、私たちがそういう認識がないので感じられないだけ。
もちろん呼ぶ、といっても「神様神様神様神様…」みたいな感じではなく、「神様、私は今日記を書いているんですけど、なかなかいい内容が思い付かないです。どうまとめましょうか?」とかいうように「そこに神様がいるような」呼び方です。
これさえすれば、神様の愛って意外と簡単に感じられるのです。
私自身も最近になって私が「神様、助けてくださって感謝します」というと、もうそれは恋人に誉められてめっちゃ嬉しそうな新郎!という感じの反応をしているということがわかってきました。
そして、このやり取りというのは、世の中のなにものにも代えられない喜びなんです!なんせ神様から受ける愛は霊が受けるので、永遠に消えないんです!
これを一度完全に受けてしまえば、世の中の物質、名誉、男女の愛、ゲーム漫画小説ネット…。全て忘れてしまう!
…私も完全に受けられるように努力しよっと!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事