satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

「実践信仰」だ!

「実践信仰」だ!

こんばんは、satoです。
…追記機能ってスマホだと隠れなかったのですね(-_-;)
昨日の日記、本当は後半部分を隠したかったのですが…。
(パソコンだとちゃんとできているようです。)
さて、今日は「行うこと」について話したいと思います。
牧師先生は「実践信仰」を自分の哲学としています。だから、牧師先生は聖書に書いてあったことを実践してきました。
イエス様が「貧しい人に施しなさい」と言われた、と聖書にあるなら、自分も貧しくてお金がないのにそのわずかなお金を、乞食の人にあげる。
神様が「敵を愛しなさい」と言われたら、戦場で銃を向けられても、的が殺せる状況でも敵を殺さず(比喩ではなく、実際にそうしたんです)
雪山でもひたすら祈り、神様のところに戻ってくるように人々に声をかけては教会に来るように話したり。(先生は昔はとても人見知りが激しい人でしたが)
どんな状況でも、御言葉を実践してきました。
その中で悟ったこと、神様が教えてくださったことが「御言葉」となって私たちに伝えられています。
だから、御言葉を聞くだけでもとても深いし、新しいことが多いので楽しいんですよね。
だけど、この御言葉の本当の威力は「実際に自分達が行ってみる」時に発揮されます。
端的に言えば、この御言葉は「言われた通りに成される」のです。
もちろんやってすぐに成されるとは限りませんが、最後には必ず実現する。そういう御言葉なんです。
…とはいえ、この御言葉を実践するのは並大抵の精神ではとても難しいです(-_-;)「神様の愛を感じるまで、神様を呼び続けなさい」とか、「聖書を何回も読みなさい」とか…本当に「やろう!」と決心しないとできません。
しかし、(だからこそ、)「やろう!」という決心を神様が見られ、とても喜ばれるが故に…
行った分、本当に奇跡が起こるんです!
私自身の経験談を一つさせていただくと…
「聖書をたくさん読みなさい」という御言葉が出ましたが、当初私は「先生の御言葉があるから、聖書は読まなくても…」と、聖書を読むことを嫌がっていました。(どんな信仰者やねん…。)
先生の御言葉は聖書を細かく解いて教えてくださっていたから、聖書を読まなくても十分なのでは?と思っていたのと、単純に今までやっていなかったので…めんどくさかったという…(本当にごめんなさい神様)
ところが、ある機会があって、聖書を読み直してみたら…
聖書が面白いこと、面白いこと!
ちょうど詩篇を読んでいたのですが、「こうやって祈ればいいんだ!」「あ、こういう祈りもあるのか!」「いや~ダビデの精神いいなぁ!」とたくさん学びました。
それ以来聖書を読み続けているうちにいつの間にか習慣がつき始めました。そして、あまりわからなかった御言葉が深く悟れて、さらに一番重要な「今の時代の価値、先生の価値」を悟るに至りました。
このように「聖書を読みたいと思っていなかった」私がこうして聖書を読み続けるように変化したことが「奇跡」なんです。
御言葉を行ったら、人生が変わる。人の心が、性格が変わる。これが一番の奇跡なんです。
私もまだまだ行えていないことがたくさんあります。世の中の文化を切りなさいと言われていますが、未だにネットでアニメの情報があると、見ようとしてしまったり、見ていたり…(-_-;)中には行うことが「嫌だな~」と思うこともあります。
それでも、「御言葉を行えば変化できる」ということを感じているから、今日も「行いたくなれるようにしてください!」と祈り求める日々を送っています。
というわけで、今日は寝て、また明日も御言葉行っていきます!

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代になりました。目指せ数学者。数学というフィールドを中心に教育界隈で色々しています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

日常生活カテゴリの最新記事