BLOG

【やっぱり】縛られるのが好き?

皆さんこんにちは☆Yoです^^

相変わらずマンガが好きなYoです(*^-^)

(ええんかいゞ( ̄∇ ̄;))

 

マンガは一目見て分かるじゃないですかぁ!

面白いし♪

長年続いているマンガを見ていると、よくもこんなにも続くなぁと、作者のインスピレーションに関心させられたりします。

 

そんな中で、縛られることに関するマンガがありました。

あなたは縛られるが好きですか?

(なんのこっちゃ?)

 

そのマンガはこちら

The World of the Word

タイトル:他の道があるから縛られるな。

他の道があるから縛られるな©Mannam&Daehwa

他の道があるから縛られるな©Mannam&Daehwa

 

自分がミスを犯してできなかったことを考えて、

嘆き、落胆ばかりしていてはいけません。

<三位一体が用意した他の道、他に行なう道>があります。

だから必ずすべきことができなかったと言って諦めないで、

機会を逃したと言ってそのことに縛られないで、

気を引き締めて祈って、早く<他の道>を見つけることです。

 

いやぁ、確かにおっしゃる通りです!

日本人で、結構なんだかんだ真面目な人が多いんですよね。

それで、自分で失敗してしまったらすぐに落ち込んでしまったりして、自分を責めてしまったりする人が本当に多いと感じます。

よりによって、ものすごく大事なタイミングや機会、商談、試験、あらゆる勝負どころで、自分が原因でミスをしたとしても、そのことばかりに囚われずに、先に進む道があるから、その道に早く進んだ方が結果的に得策なのです。

 

野球で例えるならば、外野手の頭を越えて行ったフライがあったとしても、すぐに追いついて、イチロー選手のようなレーザービームを放てば問題はたちまちのうちに解決してしまうんです。

ちょっと極端な例ですが、そういうことです(o^∇^o)ノ

慌てそうになるときほど、視野を広くし、自分を落ち着かせられる自分コントロール、行なっていきましょう☆

 

 

ランキング参加中☆応援よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ あたたかい暮らしへ
にほんブログ村

この記事を書いたブロガー

Yo
長崎県長崎市出身。幼い頃から海と山に囲まれて育つ。仕事で長崎と東京を往復する日々が続き、2016年10月から東京メインに仕事をしている。ハマっているものは梅干しと味噌とヨーグルト。健康&美味しいもの探しが大好き☆

関連記事一覧