うまい話しが聞こえてきたら


世の中には、うまい話なんてのはありません。

よさそうに見えて、必ずどこかに落とし穴があります。

私たちは、落とし穴に落ちずに、なんとかして自分が得をしたいと思っていませんか?

ちょっとでも安いものを買いたい、ちょっとでもいいものを買いたい。得たい。

と思いながら、日々生活しています。

 

生活の各々の場面で、まるで目利きかのように登場してくる方々がいます。

 

例えば、お母さん。

スーパーマーケットで食材とにらめっこしながら吟味している姿には、手が出せません(笑)

また、人生の中でも高価な買い物と言われる、

家と車。

これはもう、じーっくりと話を聞いて、考えて、比較検討して、最終的に納得するものを決めます。

自分に一生の影響を与えるものですからね。

じっくりと考えて当然でしょう。

 

また、チームの監督やキャプテンも、試合に出場する選手や配置を決めるのに、じっくりと考えますよね。直感で即座に決めてしまう方もいらっしゃるかもしれませんが、大抵は、考え尽くしたというくらいまで追い込んで考えることでしょう。

元日本代表監督の岡田さんも、考えに考え抜いてチームの選手起用に当たっていたそうです。

国の命運も、選手の人生も、自身の人生も、その責任がかかっているものですもんね。

 

何か、とあることを決定するためには、四方八方様々な方面から物事を見抜く必要があります。

 

そのポイントについて、鄭明析牧師の御言葉の中で、次のように話されています。

考えを「深く、広く、高く」最高にし、

その中のどれがよいのか「最高に分別」し、

「最終で判断」するのだ。

(鄭明析牧師の明け方の御言葉より©Mannam&Daehwa)

 

考えていることを深くして、掘り下げて考えることはよくするかと思います。

さらに、広〜く考えてみて、また、高〜く考えてみることをしてみると、より幅広い考えが浮かんできたりします。そして、また深〜く掘り下げて考えてみます。

そうして浮かんだ考えの中から、最高に良い考えを選び出します。

そうしながら、最終的に、考えがふさわしいのかどうか、もう一度検討して、最終的な考え、答えを導き出します。

 

深く考えることも大切ですが、広く、可能性を見て、また高く、他の考えがないか見て、そうしてこそ、深い考えが最高の考えとなって見えてきます。

 

私も、何かにつけて、パッと見て判断してしまうことが多いので、

じっくりと、深く、広く、高く考えて判断していきます!

 

 

ランキング参加中☆応援よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

長崎県長崎市出身。幼い頃から海と山に囲まれて育つ。仕事で長崎と東京を往復する日々が続き、2016年10月から東京メインに仕事をしている。ハマっているものは梅干しと味噌とヨーグルト。健康&美味しいもの探しが大好き☆