みんな、失敗したくないと思う。


人生を生きていると、超えなければならない場面に直面します。

その場面は、結果としては二つに一つしかありません。

うまくやれるか、失敗するか。

誰でも、失敗したくない、うまくやりたい。

そう願って、あらゆる場面に臨みます。

しかしながら、いざ行なってみると、失敗することがほとんどです。

 

私たちは、成功することを願っていながら、なぜうまくいかないことが多いのでしょうか。

成功することは、一部の天才的な人間しかできないのでしょうか。

 

例えば、明日重大な試験があるとしましょう。

人生の運命がかかっている試験だとしたら、皆さん、どのように臨みますか?

 

何も準備せずに、そのままの実力で試験に臨みますか?

それとも、しっかりと準備をして念には念を入れて用意周到に臨みますか?

おそらく、大多数の方が、しっかりと準備をして臨むと答えるでしょう。

やはり、成功したいからですよね。

 

しかし、準備を計画的に立てたとしても、準備からうまくいかないということも多いです。

また後でやろうとか、もう少ししてからやろうとか、思っているうちにいつの間にか勉強する時間が過ぎ、後回しにしてその時はやらないということが多々あります。

そうしながら、積もり積もって絶対的な勉強時間が足らずに、準備不足で試験に敗北することがあります。

なので、前日付け焼き刃の一夜漬けというものを皆さん経験しますよね。

 

人間の脳は、楽な方へ楽な方へと、流れていく性質があります。

自分で考えをコントロールし、時間を確保していかないと、やらない楽な方へ流れていってしまうんです。

 

なので、成功しよう、うまくやろう、失敗せずにやろうと思ったなら、その初めの考えを強力に考え続けることが必要です。そして、必ず考えた通りに行なうことが必要です。誰がなんだと言っても、やり遂げることはやり遂げるんです。そうしてこそ、成功が自分のものになります。

 

鄭明析牧師の明け方の御言葉で、このように仰る御言葉があります。

やる時にやりなさい。時間が過ぎて環境が変わったら、やらなくなる。

 

やりもしないで「うまくいくだろう」と期待するな。

やったとしても普通にやっておいて「うまくいくだろう」と期待をかけるな。

絶対に「専念してやったこと」だけが、絶対的にうまくいっている。

 

失敗しないためには、

①やる時にやること

②専念してやること

の2点を意識してやると、うまくできることが多いです。

 

成功したい皆さん、やってみてくださいね。

やってみて、うまくいくことはあっても損することはありませんから^^

 

 

ランキング参加中☆応援よろしくお願いします^ ^

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ナチュラルライフへ
にほんブログ村

follow us in feedly

ABOUTこの記事をかいた人

長崎県長崎市出身。幼い頃から海と山に囲まれて育つ。仕事で長崎と東京を往復する日々が続き、2016年10月から東京メインに仕事をしている。ハマっているものは梅干しと味噌とヨーグルト。健康&美味しいもの探しが大好き☆