BLOG

摂理の農業人の稲刈り 『忘れたら死ぬ』

ども~♪

久々の更新です( ..)φ

9月に入り、朝晩も肌寒い季節となりました(;^ω^)

稲刈りのシーズンとなり、農家の皆さんや農業業界では慌ただしい毎日となっております!

(摂理の農業人もですが・・・)

 

摂理の農業人も先週の土日は実家の稲刈に出陣しました!!!

稲刈り・・・

実は昨年の稲刈りで農業人はまさかの手を怪我するアクシデントに見舞われたのです(;´Д`)

20150916_1339993

摂理のスキャンダル 稲刈り中のアクシデント!

手の怪我は治りましたが、傷跡はおそらく一生なおる事はないでしょう・・・

ちなみに農業人の兄も金曜日の稲刈りで手を切っていました(◎_◎;)

農業人は稲刈りをしながら、鄭明析牧師の御言葉を思い出しました!

摂理の御言葉 忘れたら死ぬ

 

親や兄弟から「気をつけてね」と言われた時、「大丈夫」と忠告を作業の慣れで軽んじてきたと思います(^^;)

しかし、今回は考えの中で「忘れたら死ぬ、忘れたら死ぬ・・・」と何度も御言葉を繰り返しました!!!

幼い頃から20年近く行ってきた稲刈り・・・

忘れそうになった時は消えることの無い手の傷跡を見ながら、緊張感を持って稲刈りを行いました(*´▽`*)

今回は怪我もなく、無事に稲刈りを終える事が出来ました♪

 

これと同じく日々の生活も「毎日の生だから・・・」と慣れや習慣でするのではなく、緊張の帯を締めて一日一日を大切に過ごしたいと思います(*^-^*)

 

今日も各地で主と共に♪

関連記事一覧