耳が悪い私 ADHDは楽しいよという発言に意識の転換が起こる


どーも、Luckです!

精神科に行って診察してもらったことってありますか?

実は、就活が始まる前、私も精神科に行ったことがあります。

ある人にADHDなのではないかと思われ、一度行ってきたほうがいいよと言われたのがきっかけ。

 

 

Luckは落ち着きがないようです(笑)

ADHDの診察をしてもらったのですが、結果はADHDではないとのこと。

ADHDだったとしても、そうでなかったとしても自分の状態を知れてよかったなと思います。

 

 

ただし、他のIQの診察もしてもらったのですがそこに問題が。

項目別にいくつかのIQのテストを2時間を2回、合計4時間かけて実施しました。

すると、一般人のIQがだいたい100程度なのですが、私は一つの項目を除いてすべて120超えでした。

この結果を見た時は正直、嬉しく思い神様に感謝しました

 

 

しかし、平均以下の項目のIQは60程度だったんです。

この項目が耳の処理能力。

耳から入ってきた情報を理解するのに難があるようです。

 

 

このことを知った時、ショックを受けていましたが、今までの人生で思い当たる節は確かにあるなと感じました。

話を聞いていても、本当に聞いているの?と聞かれたり、

話が聞こえないんじゃなくて、聞く気がないだけでしょ!と言われたり、

そのたびに悪感情が芽生え、どうして自分はこうなのかなと悩んだりしたこともありました。

でも性格上、一日寝れば嫌なことは頭の中で整理して、気持ちをリセットできるタイプなのでそこまで深刻には考えていなかったのです。

 

 

それでも、自分は他の人より劣るのかなと思う瞬間がふと出てくる時は思い悩むことは多々ありました。

自称ADHDの人と話す機会があり、おもむろにその悩みを打ち明けたのですが、その人の口からはこんな言葉が。

「ADHDって楽しいよ!( ^ω^ )」

この発言自体、人生を生きている中で初めて聞いたので衝撃を受けました。

 

 

ADHDであることが楽しいだと(; ・`д・´)。。。。

なんでも、いろんなところに関心がわき、刺激のある生活を送れるから楽しいのだとか。

なるほど~、その発想はなかったな。( *´艸`)

 

 

この発言を聞いて一つ思ったことがあります。

誰しも大小の障害や人と違ったことってあると思います。

それに病名をつけて分類することで、該当者が過度に意識してしまうことってあると思うんですよね。

病気だとは思わず、自分の個性として長所として使っていく材料にできることもあるということを学ぶことができました。

 

 

自分も耳の処理能力が低いことに関して過度に意識しすぎて落ち込んでいたことに気づきました。

もちろん、直せる範囲で努力していこうとは思いますが、工夫することで克服すれば逆に大きな効力を発揮できる確信が持てたのが大きいです。

意識の転換によって、人生を生きる幸福度ってかなり変わってくるのではないかと思った出来事です。( ̄▽ ̄)

 

 

今日のひとこと

布団の中で一日を振り返ったりすると、過去の恥ずかしい記憶が蘇って「あーーーーー(*ノωノ)」って、悶えるよね

ABOUTこの記事をかいた人

マスコミ勤務のB型系SEです!
摂理に出会い、人生の本当の味を見つけました。
真理を学び続けて自分づくりに励む毎日☆彡
楽しい社会人摂理ライフを描写していきます(^^♪