satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

思いがけない一言

NO IMAGE

ふみです。

私の今いる施設ではしばらく職員不足が続き、レクリエーションを満足にできない時期があったようで、何もしない時間が結構あり、それが定着してしまい、寝ていたり、久々にレクリエーションをしても

「俺はいいよ」「私はやらない」

と断られてばかり。

 

他の業務を早く終わらしたり、後回しにして、

「せっかく企画したのに…」

と落ち込むこともありました。

 

 

今日は効率よく午前中の業務をこなせ、休憩もしっかりとれたので、

「よし、今日はレク頑張ろう!」

と思い、連想ゲームやしりとりをやって脳トレ半分、残りの半分は

レク用のボーリングをやりました。

 

参加してくれたのは3分の1くらいでした。

今日はめずらしくベッドで臥床する方が多かったので、

静かめにやりました。(いつもなら盛り上がるBGMをながします)

 

 

単純なゲームですけど、楽しんでもらえたのでよかったと思って、おやつの準備にかかりました。

寝ていた方も起こして、おやつの時間を過ごしていると、

 

「わたしもやりたかったわ。」

「え?なにをですか?」

「ボーリングよ。まえはよくやったの。最近はやらなくなっちゃったの。だから、またやってね!」

 

と、そんな会話がありました。

 

思いがけない一言でした。

 

正直、レクリエーションのモチベーションが、仕方なしにやるかという感覚になっていたからです。どうせやってもみんな参加してくれないしなと。

 

しかし、一人でも楽しみにしてくれていて、

しかも、やりたかったと言ってくれて、

ハッとさせられました。

 

「皆さんを楽しませるのが私の役目だ。

何をやったら、みんな楽しんでもらえるかはわからないけど、

なんでもやってみよう!」

 

そんな想いが込み上げてきました。

来週は気持ち立て直して、仕事に向き合っていきたいと思います(╹◡╹)

日々のことカテゴリの最新記事