咳喘息でCTを撮った


こんばんわ!Seiyaです(`・ω・´)

先日、咳喘息と診断されました。

今日は念のため、CTを撮ることになりました。

段々調子は上向きなので、恐らく以上はないと思うと、初めての体験なので、ワクワク感がありましたw

さて、そんなCTとは何でしょうか?

CTとは

CTはレントゲンと違って、断面図の写真を撮ることで、レントゲンでは見つけられない部分も見ることが出来ます。
レントゲンが2Dだとすれば、CTは3Dです。
僕がうけた「胸部CT」では、肺癌を見つけるための手段として良く利用されます。

どんなことをするの?

気になるのは、検査の仕方です。

今回は胸部ということで、上半身をレントゲンと同じような格好になります。
そして、貴金属がないか確認します。

そうしたら、幅の狭いベットのようなところに仰向けに寝ます。
腕はバンザイした状態で、置くところがあるので、楽な形でキープします。

検査が始まると、乗っている台が、動いて、例の不思議な形をした筒の中に入ります。
でも中に入るのは3分くらいです。
入ると、女性のアナウンスが、「息を大きく吸って下さい」「止めてください」「楽にして下さい」と話ます。それを2回繰り返して検査は終了です。

なんと早いw

約10分程で終わってしまいました(笑)

こんなのでいいのか?と心配になるほどですが、大丈夫なのでしょう。

気になる検査料は、初診ということもあり、6000円かかりました。
でも、これで命が救われるなら安いですね。

今後

結果は2日ほどでわかるそうです。
意外と早い(笑)

以上がないことをとにかく祈ります。

 

検査と言っても結果を聞くこと以外は特に怖いことはありません(笑)
時間もそんなにかからないので、あれ?と思った方は検査をオススメします!

ABOUTこの記事をかいた人

岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)