BLOG

摂理の真実 バレンタインデーとNOAH'S ARK

ども~♪
平日最終日ですね~(*^.^*)
摂理の農業人は明日に迫った資格試験に向けて、通勤中は勉強を…
いやいや、まずはブログを書かねばですφ(..)
昨日の夜は久々に仕事から早く帰り、子供達と一緒にお風呂に入りました!
しかし、昼間大暴れしている二人の怪獣…
いえ、天使達は既に眠気を通り過ぎて、興奮状態に…(;´д`)
ただですら、元気いっぱいなのに、眠気による興奮状態の子供達は手がつけれません(;>_<;)
摂理の農業人が母親からもらったバレンタインのチョコレートが欲しいと暴れだしました!
ですが、夜遅くのチョコレートは虫歯にもなるし、子供達は更に眠れなくなります(-_-;)
なので、「我慢しようね?」と話すと更に暴れだしました(-_-;)
摂理の農業人は子供達に叩かれながら、ひたすら鄭明析牧師の事を考えていました!
愛する人の為にした事なのに、結果として、鞭を打たれ、無念な思いをされているその姿を感じながら祈りました(;>_<;)
農業人が祈りながら、「息子君が虫歯になって欲しくないからあげないんだよ?叩きたいならお父さんを叩きんさい!」と話したら、ピタッと叩くのをやめました!
主が祈りを聞いて下さったと思います(*^.^*)
子供達は散々暴れて疲れたのか、布団に入るとすぐに眠りました(^-^)/
喧嘩のもと、虫歯のもとになるチョコレートは職場に持っていって!との奥様の指令により、農業人が責任をもって対応させて頂きます(^-^ゞ
しかし、チョコレートが原因で昨日は本当に大変でした(;´д`)
そもそも、バレンタインデーは何の日なのか!
皆さんはご存じですか?
「もちろん、チョコレートをもらうためだよ!」

違います(゜o゜)\(-_-)
正式な由来をホームページで調べてみました♪

バレンタインデーの「バレンタイン」は、3世紀にローマで殉教したキリスト教徒の英語名で、イタリア語では「ヴァレンティーノ」という。
3世紀当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」は、兵士達の戦意に支障をきたすとして若者の結婚を禁じていた。
バレンタインは若者たちを哀れに思い、密かに結婚させていたが、皇帝がそれを知り、バレンタインにローマ国教への改宗を迫ったが、承諾しなかったためバレンタインは投獄され処刑された。
そのバレンタインが処刑された日が、2月14日である。
殉教したバレンタインは、後に勢力を増したキリスト教により、聖人として認定された。

クリスマス同様、製菓会社の戦略だよ~!
と言うのは分かっていても、その真実の意味を知らない人は多くいるのではないでしょうか(;^_^A
それは、NOAH’S ARK(ノアの方舟)も一緒だと思います(*^.^*)
音楽や建物の名前、お店の名前など…
色々な所でその名前を聞いた事があると思います(^-^)/
映画にもなっていましたね(*^O^*)
ノアの方舟も同様に深い意味と今の自分達とつながるものがあるのです!
え~!
それって何~?
そう思った方は摂理の御言葉を学んでみて下さい(^-^ゞ

関連記事一覧