BLOG

福岡マラソンでボランティア

先週行われた福岡マラソンで、会社の人からお誘いをいただき、ボランティアをしました。

私がボランティアなんて、自分が一番驚く。

 

 

私の担当は給水所でお水を出すことでした。

 

 

マラソンはもちろん、給水所も、近づいたこともない縁の遠かった場所。

 

素人ボランティアの私は、市の職員さんやベテランボランティアの方の動きを見たり、指示を受けながら動きます。

 

 

交通規制が入ったら道路に机を出し、紙コップにひたすら水を注ぎます。

 

どう置いたらランナーが取りやすいか、スムーズにゴミを捨ててもらうのにどう声をかけたらいいか、など、やりながら考え工夫することも多かったですね。

 

ランナーが至近距離を走っていくのは、迫力がありました。

市民ランナーの皆さんに応援の声かけも、距離が近いから言ったそばから「ありがとうございます」と返事をしてくださる方もいて、嬉しかったです。

 

思い思いに仮装して走っている方も結構いましたね。

 

 

最終ランナーが行った後、一気に片付けです。

散乱した紙コップを拾い集めます。

ボランティアみんなでやるとあっという間に終わりました。

 

ゴミ箱や机を歩道に戻して、ゴミを集めたら、これまたあっという間にごみ収集車や段ボール回収業者が来て、スッキリきれいになりました。

段取りのよさに脱帽です。

 

程なくして、交通規制も解除され、いつも通りの道路に戻りました。

 

 

天気も良く、ランナーの皆さんも気持ちよく走れたのではないかと思います。

 

 

初めてのボランティア。

新しい発見があり、ランナーとふれあい、清々しい気持ちになれました。

 

 

この記事を書いたブロガー

さくら
九州大学卒。30代女性。既婚。福岡在住の会社員。お金と経済に詳しい。趣味は乗り鉄と街歩き。

関連記事一覧