satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

【大学生へ】就職活動で気をつけて欲しい3つの勧告〜新卒で失敗した体験談から〜

【大学生へ】就職活動で気をつけて欲しい3つの勧告〜新卒で失敗した体験談から〜

こんにちは、麦わらと申します^^

就職活動であらゆる痛い経験をした摂理の人はだれ?と聞かれたら、とりあえず「麦わらさん」と答えてみてください。恥ずかしいですが、正解!(笑)

今では笑い話で済むかもしれませんが、当時は口角がピクリとも上がりませんでした。主を呼び求めても「なぜ!?」」「どうしてそうなった!?」という嘆く祈りの数々・・・。

そんな麦わらさんの就活生にお話したい、「わたしの二の舞いにはなるな」という話を簡単に3つくらいに分けて伝えられたらなと思います^^;

その1:就活するとき、必ず相談してね

私は就活に関心が残念ながら、全くありませんでした。ゼミの研究でゲームをつくっていて、そこに時間を投資しまくっていたのです^^;さらには仕事に残念なほど関心がなくて、会社説明会に行っても、うーーんと渋い顔をして帰る日々でした。

やりたいことがなかったわけではありません。でも、やりたいことが摂理ですごく叶ってしまったんですよね。だから社会に出てやりたいこともなかったし、プライベートの時間が欲しかったので、正社員がまったく羨ましくありませんでした。

「みんな正社員がいいって言うけど、なんで正社員になって働く必要があるんだ?」そう思っていました。

そうです、そうです。おっしゃる通り。

私、とっても無知だったんです。

さらに問題だったのは、無知な上に全く相談しないことでした。

どれくらい相談をしなかったというと大学にある進路相談室みたいなところに一度も行きませんでした。また友達にも相談しませんでした。親にも相談しませんでした。摂理のメンバーにもちゃんと就活の知恵みたいなものを得るための相談はしませんでした。唯一メンバーに相談した話も「自分は何をやっていいのかわからない」ということだったと思います。

でも今回私が勧告したいことはそういう相談ではありません。<就職活動・企業>自体についての相談です。

私は世の中の会社がどういう感じなのかまったく知りませんでした。そして知ろうともしませんでした。ブラック企業、ホワイト企業とかたくさんありますけれども、そういうこと自体に警戒がありませんでした。まさか自分がそんなところに行くだろうとは予想していなかったんですよね。だって神様に1年以上お祈りしましたから(笑)(え、それでブラック行ったの?という話は次回)

また、世の中にある雇用形態についてちゃんと知りませんでした。理解していたのは正社員、派遣、バイトくらいでしょうか・・・。いや、それすらもどういった雇用形態なのかちゃんとは知らなかったと思います。ちゃんと説明できるだけの知識を頭で理解していなかったと思います。だからすごく残念な思いをしました。

何の相談をしたらいいのか・・・もちろん自分が何に向いているのかどうかということも相談したらいいと思うのですが・・・

私が相談してほしいのは、「その受けたい企業がどんな会社なのか」についてです。

なぜそんな話をするのかというと、「内定」したらその先の人生、「その会社でほとんど過ごすから」です。自分と合う会社なのかどうかは確かに内部に入ってみないと分からないことがほとんどです。ですが、その会社がどういう会社で、どういう人が働いていて、どういう理念や行動指針があって、どういう雰囲気で働いているのかは、最近はもうネットで調べればなんとなく分かります。また、就職支援をしている会社や人に相談すれば、その会社がどいういう会社なのか、会社の「数字」だけ見ても判断してくれます。

だから企業先に選ばれたい一心で就職活動をして、結果変な会社に雇用されてしまった!ということにならないように「今一度受ける会社がどういう会社なのか、第三者の視点(就活の専門家やよく知っている人)に相談する」ことを強くオススメします!

なぜ強くオススメするのかというと、相談しないことで、本当に痛い経験をしたからです。もしハローワークにでも行ってその会社について聞いておけば、絶対にその会社を受けようとしなかった(または止められていた)と思います。

求人サイトにはいろいろ書いてありますが、素人が見るのと専門家が見るのとでは大違いなんです。私は文字面だけ見て「あ、良さそう」と思っていた会社が、専門家からみたら「ここはかなり忙しいし、こういう傾向の会社だと思う」と数字だけ見ても判断してくれます。

そのあたりでもし心配でしたら、必ず分かる人に相談してください!できれば就活を専門にしている方や、良く分かっている方に聞くのが絶対にいいと思います!

その2:「内定」はゴールじゃないよ

私の世代は恐らく就活の氷河期がまだ続いていた頃でした。前の年が氷河期のピークと言われていた時で「去年よりはましだろうね」と言われていた時でした。それで、とにかく就職できればやった〜安心!みたいな感覚だったんですよね。でもゼミの同期は8割以上夏休みが終わっても就職先が決まっていませんでした。むしろ9月になって、「やばい、そろそろほんとにやらないとだね」とか言っていました。私は中々仕事について本気で向き合い、企業と本気で向き合うことができませんでした。

当時の自分にとって、ゴールは「内定」でしたが、

今考えれば、内定がゴールではないな、と思っています。そしたらゴールってどこに・・・という感じですよね・・・。

 

私が思うゴールは、その会社を「退職する時」だと思っています^^;

なぜゴールを「内定」に置くとか置かないとかの話をしているのかというと、私は完全にゴールを「内定」にしてしまって、内定をとったら完全に気を抜いてしまったんです^^;笑 それでもう、内定が取れたというだけで気持ちが緩んで、月明洞に数日間か旅行に行きました。だから、入社してから衝撃をたくさん受けました。「月明洞で滞在した費用が戻ってくるなら戻ってきて欲しい!」と思うくらい、入社した後、経済的に困難に陥りました。

経済にとどめてお話しますね。

まずお伝えしたいのは「内定をもらってもお金は貯金してたほうがいい」という話です^^;

「働くから全部パーっと使って遊ぼう!」と思って本当に全部使ってしまったらもしかしたら大変なことになるかもしれません。会社によって「締日がいつで、いつの支払い」というのが違いますから、25日払いなのか、15日払いなのかとかで”どれくらいの日数分の給料”が支払われるのかが変わってきます。(こちらのサイトも参考になさってくださいね)

ちなみに私が最近転職した会社は「月末締めの翌々月払い」という非常にまれな給与体制をとっている会社で、入社して分かって衝撃を受けました。翌々月払いというのはつまり、6月に入社したら、初任給は8月です(゚∀゚)まるっと2ヶ月お給料が出ないということです。

なので「内定」した!と思って大学時代最後だからパーっとしよう!と思ってお金を使い切ってしまうと、経済難に陥ってしまうので、是非とも心配でしたら貯金しておいてくださいね^^;

今回は経済に止めてお話しましたが、他にも「内定」をゴールに思って、後悔したことがいくつかあります。ですが、ここでは深く触れないで次回触れることにしますね・・・。

その3:お祈りだけしていても、いい会社に行けないです

これは信仰を持っていらっしゃる方へ私からの強い警告です(笑)

私は大学3年生から大学4年生にかけて、就職のためにずっとお祈りをしていました。もっと具体的に言うと、摂理で御言葉を聞き始めたのが2年生の秋で、信仰がちゃんと入って約1年目に就職活動がありました。信仰歴がまだ短い私が就職活動のために一番最初にやろうと思ったのが「とにかく就職のためにお祈りしよう!」でした。

多分、自分の進路についてお祈りされる方は多いんじゃないかなと思います。私もその一人でした。それで先輩に就活のお祈りをどうやったらいいのかも聞いてみたのですが、様々な答えがある中でもっとも多かったのが「細かく項目を上げて祈る」ことでした。

それで私は幼いながらに、ものすごくたくさんの項目を上げて祈っていました。「お給料はこれくらいがいいです」「残業は少なめがいいです」とかそういうのですね^^;どれくらいだったか・・・たしか10項目以上はあったと思います。健気に1年長い間祈っていました。でも、入った会社は「祈っていた企業と全然違う会社」と言っても過言ではありませんでした。

なぜそうなったのかというと、初めに話した「無知」の話が絡んできます。さらに話すと「お祈りだけしていて行いが少なかった」という話に進みます。この辺りの記事はこちらにも書きましたので是非参考になれば読んでみてください(´;ω;`)

結果だけ書くと、「お祈りだけしていてもいい会社に入れない」ということです。これは私の人生が証明します(笑)

でも「お祈り」は必ず必要です!

そして「行い」が必ず必要です!

また「確認」することが必ず必須です!

これが私が今日伝えたかった就職活動の勧告3つになります!

終わりに

少し参考になれたものがあったでしょうか。今回は新卒の時に痛い経験をして必ずこれだけはと思うものを厳選して3つお伝えしました。だから実はまだまだ痛い経験の中にエッセンスとして伝えられるものがたくさんあります^^;大学4年生のときって、就活の波に遅れないようにみんなとっても必死になります。また履歴書やエントリーシートの準備や、企業説明会に行ったりいろいろに神経を使って大変ですよね・・・(T_T)

でもだからこそ雇用のことや、企業のこと、自分のことが見落としがちになってしまうこともあるんじゃないかなあって思うんです。私は完全に見落としたパターンでしたので、皆さんには絶対にそうなってほしくないなと思っています(。>﹏<。)

就活していると、ついつい選ばれることばかり意識しちゃいがちですが、是非とも「自分で企業を見定める」という観点も持ってくださいね。大切な体、大切な人生ですから。神様が用意してくださっている、一番相応しくて良い会社が絶対にありますので、お祈りもして、相談もして、確認もして、行ってもみながら、未練のない就職活動に励んでくださいね!

麦わらさんのブログはこちら

就活・転職カテゴリの最新記事