satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

社会人3年目、激務の中で導かれました。就活は宝探し!

社会人3年目、激務の中で導かれました。就活は宝探し!

就活は宝探し。

 

まず、掘らないといけません。

最初に掘るときって、当然宝は見えない。

どのくらい掘ったらいいのかもわからない。

 

ほんとうにここにあるのかな。

このままなかったらどうしよう。

 

宝はあります。

なぜ?

宝探しは御心探しだから。

御心の場所を必ず用意してくださっているから。

 

最初はうまくいかないかもしれません。

落ち込むこともあると思います。

 

でも大事なのは

 

「その時その時最善を尽くしたかどうか」

 

最善を尽くせたなら、結果が良くなかったとしてもOK!

就活って別の例えだとお見合いみたいなもの。

自分にも相手にも選ぶ権利はあるんですね。

例え内定が出なかったとしても、もっと良い場所があるんだ!

自分には合わなかったんだなー と思いましょう。

 

企業側も必死です。

いかに良い人材をとるか。

採用ってお金がかかりますからね。(一人につき約50万くらい)

 

あまりに同じ職種の会社の結果が良くないならば、一度立ち止まって考えてみましょう。

「うまくいかない時は方法を変えなさい。」ともおっしゃいました。分析してみましょう。教会の青年部の人に客観的にみてもらうというのもありです。

 

いろんな経緯を主と作りながら、最後まで最善を尽くして宝を見つけてくださいね。

就活・転職カテゴリの最新記事