satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

怒られまくった新入社員時代

怒られまくった新入社員時代

当初希望していた開発の仕事とは異なる「製造」という部門に就職。

食品の製造はかなりの肉体労働。
 
コンビニのサラダ作ってたんですけど
流れてくるカップにキャベツ○gを正確にトッピングしていかないといけない。
大量に食材が入った番重(ばんじゅう)を上げ下げ。
1日中何十キロのほうれん草の検品(髪の毛とか入ってないか見続ける)などなど。
 
普段何気なく食べているコンビニの商品。
けっこう人の手がかかってます。
 
入社初日からパートさんに
「(容器の蓋の入った)袋の開け方が違うわよ!」と怒鳴られる。
そんなことで怒らなくてもいいのに・・・とその時は思ったけれど、
それには理由がありました。
 
蓋の内側(商品にかぶさる部分)を上にして開けると、
異物が付着したら商品へ混入の恐れがある。
だから開け方ひとつも注意しないといけない。
 
怒られるのは理由があり、注意はありがたいことなんですけれど、
その時はその怖い人の休みの日が待ち遠しかった。。
ちなみに同期の男性に対してはパートさんは甘く、怒らないという理不尽さ(笑)
 
毎日怒られない日はないくらいに怒られました。
 
人によって注意の仕方、怒り方って違うから
感情も絡んだりしてきつい人もいる。
 
 
怒られたり注意されたら、考えてみてください。
この人は何を伝えたかったのか。
自分はどうすればよかったのか。
その人の意図がわかれば怒られたことが良い経験となっていきます。
(ただ感情的な中身のない叱責は論外。)
 
神様は職場を通して、人を通して矛盾を教えてくださることもあります。
仕事だけではなく、自分に対する天からのメッセージ。
このことを通して神様は私に何を伝えたいのだろうか?
よく考えていると隠された神様のメッセージに気づくことも。
そして仕事での出来事が天との経緯になっていきます。
 
 
怒られても必死に仕事していたその姿を周りの人はちゃんと見てくれてました。
最終的にはその怖いパートさんとも仲良くなりました^^
 
 
 
そんなある日。
 
「新しいカテゴリー立ち上げます。
 人がいないので開発に異動」という辞令。
 
入社9ヶ月目にして
突如当初の希望であった
「商品開発」の仕事につくことに。
 
 
今日はこの辺で。
ご覧頂きありがとうございました^^

就活・転職カテゴリの最新記事