satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

山頂で悟った「今ある環境で輝けるということ」

山頂で悟った「今ある環境で輝けるということ」

どーも、Luckです!

 

今年のGWは高尾山に登ってきました。

神様は自然を通して啓示をなさるということでしたが、まさにその通り。

こちらの記事で写真を載せた通り、普段目にしない虫や生き物や植物たちと出会い、自分の中で思うことがいろいろとありました。

都内で登山するなら高尾山

 

 

いろんな生き物や植物からも啓示をうけたのですが、私の中で一番の悟りは山頂でありました。

高尾山のもっと奥にある山、陣馬山まで登ったのですが、だいたい5時間くらいずっと歩き続けてようやく山頂へ着きました。

5時間といっても間に小休憩は挟みましたが。

 

 

陣馬山頂には、売店があり、飲料水やカップ麺など、登り切った後の疲労感をすべて帳消しにしてくれるようなものが勢ぞろい。

私はカップ麺とラムネを買おうと思って売店のおばちゃんに話しかけました。

売店のおばちゃんは昔っからこの店で働いているそうなのですが、すごく明るくて楽しそうに働かれておりました。

家族のことや普段の働き方について、見ず知らずの私たちに楽しそうに話している姿を見て、自分もこのように働いていきたいなと思うようになりました。

 

 

最近、自分の働き方についてすごく悩んでいました。

今、システムエンジニアとして働いているけれども、果たして自分に向いているのか、天職じゃないんじゃないか、そもそもIT系は苦手なんだけどとか、憂うことが満ち溢れるほどに思い詰めていたんです。

だけど、売店のおばちゃんの姿を見て確信しました。

 

 

今与えられている環境で作ったら輝けるんだと。

売店のおばちゃんも、売店のその道で何十年も働いてきたのでしょう。

何回も何回も山を往復して働いてきたからこそ、その道のプロになり、主人になったのだと感じました。

 

 

今、与えられているシステムエンジニアという職で自分が何ができるのか考えてみた時に、どうせ働くのなら、その売店のおばちゃんのように極めてみようという気持ちになりました。

人を通して働かれる神様。

人生の道を照らしてくださり感謝です。

人生・進路カテゴリの最新記事