BLOG

摂理の千年王国論 穀物と果物と人間の個性と才能

今週の御言葉で鄭明析牧師が穀物、果物、そして人間の個性と才能について分かりやすく教えて下さりました(^^)/
神様が創造して下さった自分の個性と才能を発見し、開発し、使わなければなりませんね!!!

自分にしかない個性と才能を見つけ、活かすこと!
様々な個性を持った人が一つになれること!

その様な理想世界が成し遂げられるのは摂理歴史の最高の魅力ですね!
摂理の農業人も今週、極的に祈り、実践し、個性と才能を見つけ、開発したいと思います(*^-^*)
鄭明析牧師の主日礼拝の御言葉からです♪
『米、麦、大麦、稗(ひえ)、粟 (あわ)、さまざまな豆、小豆など、<穀物>を見ると、見た目が異なるとおりにそれぞれ「個性」が異なります。そして、その個性どおりにそれぞれ「形」も 異なり、「特性」も異なります。「味」も異なり、「栄養価」も異なります。だから、この穀物があの穀物の代わりになれません。その穀物でなければなりませ ん。

リ ンゴ、梨、桃、ブドウ、柿、イチゴ、マンゴーなど、<果物>を見ると、見た目が異なるとおりにそれぞれ「個性」が異なります。その個性どおりにそれぞれ 「形」も異なり、「品種」も異なり、「味」も異なり、「栄養価」も異なります。だから、この果物があの果物の代わりになれません。その果物でなければなり ません。

<人 間>もそうです。地球の70億人の個性がそれぞれ異なります。ここに集まって御言葉を聞いている人たちだけでも、それぞれ「個性と才能」は完全に異なりま す。人それぞれ「姿」も異なり、「特徴」も異なり、「美」も異なります。だから、この人があの人の代わりになれません。』
自分の個性と才能が分からない???
様々な個性が一つになる世界なんてあるの???
そんな疑問をお持ちのあなた!!!
一度摂理歴史の 鄭明析牧師先生の御言葉を聞いてみたら良いと思います(*^-^*)

関連記事一覧