satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

こどもボランティア

こどもボランティア

ふみです(╹◡╹)

先月の後半から私の職場に中高生のボランティアさんたちが来てくれています。

介助はしませんが、一緒に体操したり、話し相手になってもらったり、トランプや折り紙をしたり、利用者の皆さんとの交流を楽しんでくれています♪( ´▽`)

 

中には3回以上来てくれた子もいました。初めて来たのは小学校の4年生の時だったと。

(私よりも先輩でしたw)

 

マジックを用意してきた子もいて、利用者の皆さんも大喜びでした!

みんな子どもが好きなんだなーと見ていて感じます。

 

皆さんのお孫さんは私と同い年くらいなので、久しぶりに中高生の子たちとお話できたと思います。

こどもたちも一生懸命、利用者さんの話に耳を傾け、ウンウンと頷きながら聞いてました。

(我々より聞き上手でしたw)

 

ボランティアの最後には感想文を書いてくれたり、インタビューをしてくる子もいました。

感想もたくさん書いてくれていて、書かなきゃいけなくて書いているというのではなく、

本当に楽しかったのだなぁと思いました^ ^

 

帰りも笑顔で「楽しかったです!ありがとうございました!」と挨拶して帰っていく姿が

とてもかわいらしく、私自身の励みにもなりました!

 

 

こういうのいいな~とその後もココロのほっこり感が残っていて自然に笑みがこぼれました。

 

 

そういえば、自分もボランティアさんたちと同じ頃、おばあちゃんやおじいちゃんと

話したり、遊ぶの大好きだったなーって思い出しました。

 

いつもご飯に連れていってくれたり、面白い話をしてくれました。自分のことをいつも褒めて応援してくれました。

おばあちゃんとおじいちゃんは、やっぱり大好きだったなー。

 

 

施設に来てくれる利用者さん一人一人にも、お孫さんがいらっしゃるから、

ご家族の大切な存在なんだということを忘れてはいけないなって思いました^ ^

 

 

今後も何人か来てくれる予定なので、少しでも素敵な思い出になるようお手伝いできたらと思います(╹◡╹)

介護カテゴリの最新記事