BLOG

介護の仕事と国際交流

ふみです(╹◡╹)

先日からとある留学生のホームステイの受け入れをしています。

私は高校時代に計4人の留学生(1人、2人、1人)の受け入れをした経験があり、

またホストファミリーをできることに感謝しています。

 

 

今回は日本語も英語も話せない方で、スマホの翻訳アプリを駆使してコミュニケーションをとっています(笑)

 

 

摂理に来て介護の仕事を選ぶまでは、海外で仕事をすることや、外国の方と関わる仕事をするのが夢でした٩( ᐛ )و

 

進路を変えてから、もう海外と関わる機会はないかなーと思ってましたが、、

摂理ではたくさん海外のメンバーの方と関わる機会がありますし、介護の仕事でも国際交流はいっぱい待っていました(笑)

 

 

摂理では、同じ師匠の元にいるから、誰とでもその時から仲良くなれます♪

 

介護の現場では、在日の利用者さん、外国で長年住んでいた方をはじめ、スッタフで外国人の方ともよく出会い、一緒にお仕事させていただきました。

 

介護で外国人の労働者というとフィリピンやインドネシアの方のイメージがあったのですが、ブラジルやアメリカ、ペルー、中国の方とも出会いました。

 

 

休憩時間は英語で話したりと楽しかったですし、国の歌を唄ってもらったり、踊ってもらって、利用者さんたちも喜んでいました(*^ω^*)

意外と今も昔と変わらず国際交流してるし、以前より楽しく交流できてるかも(╹◡╹)

(高校時代、国際交流部でした)

 

 

神様は素晴らしい道を用意してくださっていました♪感謝します(*^ω^*)

この記事を書いたブロガー

fumi
男性の介護福祉士です。都内のデイサービスで介護リーダー、生活相談員をしています。
元々は国際協力を目指していましたが、摂理に導かれて進路を変えて、介護の世界に飛び込むようになりました٩( ᐛ )و 介護の仕事を通して多くの人に神様の愛を伝えていきます♪

関連記事一覧