BLOG

③話 聖書に対する偏見が少し無くなった瞬間

大学生活を充実して過ごして

大学の2回生になると

専門的に建築の勉強が始まりました!

 

本当に楽しくて

たくさん授業を聞いて勉強してました。

 

その、授業の1つで

建築の歴史について

学ぶものがあったのですが

 

日本建築にせよ、西洋建築にせよ

宗教なしには発展してこなかった事を

知っていくようになったんです

 

『神』という存在を求めるが故に

人々は建物を作っていったんです。

 

日本だったら、神社や寺

西洋なら教会

 

そこに力を注いだから

建築の分野が発展したんだ

という事を学びました!!

 

特に西洋の建築は日本の建築とは

発展の仕方が違い

高く高く大きく作り上げていき

建物の構造は、日本より

同年代を比べると

かなり発展し進んでいました。

 

西洋建築凄い!!!

教会建築凄い!!!

 

建築の発展には、

無くてはならなかった物が

聖書なんだなーーと

つくづく考えさせられました。

 

きわめつけは授業中の

教授の一言

 

「建築学んで世界的に進出したいなら聖書読まないとね」

 

この人、聖書読めって言ってるwww

 

まwぢwかwww

 

ということで

私はその当時、世界的にも

進出したいと考えていたので

聖書読んでみようか葛藤しました(笑)

 

宗教の本だけど建築の本

世界にも、進出したいし

教授達結構読んでるみたいだし、、

(私の学部はデザイン系だった為、美術と聖書も切り離せれない物で、多くの教授が聖書読んだことがあると言っております)

 

読みたいけど宗教の本やし

図書館で借りるのも人に見られるし

宗教やってるみたいで絶対嫌やし

買うほどでもないし

変な目で見られたくないしーーー、、

 

辞めとこうか、、、

 

よし、どんな話か教授に聞いて

読むのはめんどくさいし

変な目で見られるのは嫌だから

自分で聖書を手にするのは辞めよう!!

 

そう、決心して聖書を読みそうだったけど

その時は読むのを辞めてしまい

聖書に対する関心は

少し無くなって

終わりましたーー

 

 

次回に続く〜^^*

関連記事一覧