satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

指導者の存在

指導者の存在


正月に、少しテレビを見ました。
ドキュメンタリー番組です。
番組では、ある高校の吹奏楽部を取り上げていました。
僕が、吹奏楽が(いや、音楽全般が)好きなのもあり、つい見てしまいました^^;
その高校は、全国でも金賞をとるほどの実力校です。
話の流れは、よくある練習から本番までの風景などをまとめたものでした。
この高校のどこがいいのかというと、顧問の先生が凄いなと思いました。
話す言葉が、本当に素敵でした。
こんな監督のもとで、野球をやりたかったなと…
あ、それはいいとして…
演奏の技術は正直、もっと上手い高校はいくらでもある、と先生は話していました。
でも、聞く人を魅了する演奏がそこにはありました。
自分は、ずっと野球の世界で生きた人間なので、あまり音楽の世界など知らないのですが、
この高校は、オーデションの審査を皆がやりました。
皆後ろを向いて採点をして、最後に演奏者が、聞きたいことを質問していました。
すごいな〜と思い見ていました。
でも、この先生がすごいと思ったのは、皆が決めたのに、納得がいかない場面がありました。
最後まで、2人のどちらかにしようとしていたのですが、多数決で、Bさんになりました。
でも、先生は違うと思って、実際演奏する楽器と合わせて、再びオーディションをさせました。
もちろん、決めるのは生徒です。
不思議なことに、その結果、Aさんになりました。
Bさんも、Aさんがいいと言っていて、文句なしでした。
Bさんは、Aさんのために、楽譜にこっそり励ましのてがみを挟んでいたところが感動的でした。
うーん、文章ではこの凄さが伝わらない…
でも、1つ言えるのは、指導者って本当に重要なんだなということです。
全国に出るところは、指導者がしっかりしているところが多いです。
社会でも、大企業の社長は、話すことが立派だし、行動も立派です。
僕は、最高の人生のメンターに出会えたので感謝してもしきれないでいます☆
みなさんの、指導者はどんな人でしょうか?
その人に一生ついていきたいですか?

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

スポーツカテゴリの最新記事