satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

たかが小指、されど小指…

たかが小指、されど小指…

小指。読んで字の如く、指の中で1番小さい指です。
1番力が入りません。
必要性を感じるのは、耳をほじくる時くらいでしょうか…(;´∀`)

特に、足の小指は何の役にも立たない…感じがします。

 

そんな小指。
先日、足の小指の爪が、何かしらの衝撃で、若干割れてしまいました。
肉眼ではよくみないとわからないくらいです。
その爪と肉の間から、どうやら細菌が入ったようで、徐々に腫れてきました。

最初は小指だけだったのですが、足の半分くらい腫れてしまいました(;_:)

靴を履くのも一苦労…

スポーツも出来ませんでした。

 

小指をかばって歩いていたので、親指が痙ってしまいました。

これを通し感じたことは、小指だとしても、欠かせないということでした。
指一本失ったらどうなのか?
恐らく、バランスが取れなくて満足に歩けないと思います。
手や足は、指が5本あって初めてまともに機能が発揮できます。
1本欠けていても、機能はそれなりに発揮できますが、最大限発揮することはできません。

これを拡大すると?
指1本は人間1人。
身体は地球。
と考えると、身体に指1本も欠かせないように、地球には人間1人も欠かせません。

 

日本人は毎年、3万人が自殺をしています。

自殺をする理由は、自分の価値がわからなくなり、生きる意味がわからなくなるからです。

でも、1人1人が尊いということです。

それに気づくならば、自殺は減るし、うつ病や病む人も減ると思います。

 

自分も小指のような存在なのかな…と考えてみました。
他人と比較して、弱気になったり、落胆したり、することもあります。
でも、自分も必要な存在なんだと気づかされました。

 

小指を通して悟らせてくださったことに感謝します☆

この記事を書いたブロガー

Seiya
Seiya
岩手→東京(大学→社会人)
興味は広く浅く。摂理の社会人の日常をありのまま書いていきます。
東京に来て7年が経ちましたが、岩手も大好き、海山温泉大好きです。
最近は、映像にハマりだしてます(^o^)

スポーツカテゴリの最新記事