satoの数学小説シリーズ「真理の森の数学セミナー」絶賛更新中!

反復と経験値が体得の秘訣

反復と経験値が体得の秘訣

どーも、Luckです!

 

最近、野球をさせていただく機会がありました。

未経験者もたくさんいる中でプレーするのはいろんな悟りを得られるので好きです。

10年間、本格的に野球をやってきたものの、そこまで野球に対して熱情を注ぎ込めたかと言われればちょっと微妙なところ。

だけどたまにやる野球は普段使わない筋肉を使う運動が多いので、良い気晴らしになります。

 

 

今回の試合では一つの悟りがありました。

シングルヒットで塁に出て、次のバッターが塁を進めてくれるように塁上で応援していました。

期待に応えてクリーンヒット!

とは上手くいかず、キャッチャーフライ。

両チームとも、キャッチャーがフライの打球を捕って終わりだろうという雰囲気が漂っていました。

案の定、キャッチャーが打球を捕って、ワンアウト。

 

 

でも、キャッチャーは姿勢を崩していました。

私の体はいつの間にか、スタートを切っていました。

自分でも考えておらず、無意識に。

タッチアップをしたのです。

難なく二塁に到達して、進塁に成功しました。

キャッチャーフライだったものの、結果的には送りバントと同じ価値を持った打席になりました。

そのまま次のバッターがヒットを打って、ホームイン。

まさにチームバッティングとはこのこと。

 

 

ベンチで未経験者の方から言われたのが、

「あのタッチアップはさすがだったね。未経験者の自分だったら思い浮かばない判断だったよ」

とお褒めの言葉をいただきました。

 

 

なんとなく、この言葉をいただいて、悟り深く感じました。

10年間培ってきた野球技術というのは、自分でも意識しなくても体が動くようになっているのだなと感じました。

人生生きていると、新しいことを始める機会って何度もあると思います。

始めた当初は上手くできないのは当たり前だし、失敗も多くすることでしょう。

しかし、反復して長い歳月をかけて挑戦してみることで、必ず体得するものはあるのです。

誰でも分かっていることだし、当たり前のことを言っていますが、このことを実感するかしないかで取り組んでいる物事に対してのモチベーションはかなり変わってくるのは間違いありません。

 

 

現在、目の前に降りかかっている仕事に対して、上手くできなかったり、失敗したりして落ち込むことってありませんか。

また、先が見えなくなって悩むことってありませんか。

そんな時は、反復が足りないからだ。経験が少ないからだ。と自分に言い聞かせてみるのはいかがですか。

心も少し軽くなりますし、もっと頑張ってみようと前向きな気持ちになると思います。

スポーツカテゴリの最新記事