BLOG

新たなイベント…自動車運転に挑戦!?

こんばんは、satoです。

大学生は長い夏休みです。
この時期に様々なことにチャレンジする人も多いのではないでしょうか。
たとえば、日本縦断とか、自転車で旅行とか、海外に遊びに行くとか…。
もっとも、大学院生である私にとって、夏休みというものはあってもないようなものですが…(笑)
「自分がうまくスケジュールを管理すれば、夏休みにもなり、そうでなくもなる」というのが、数学科の強みでもあり、大変なところでもあります。

そんな私ですが、このたび新たなことにチャレンジをします。
それは…自動車の免許を取ることです!
この年になるまで、運転免許持っていなかったんですよね…必要性が感じられなかったので。

自動車学校を選ぶところで随分と悩み、安心パックのあるところに決めたのですが、その後教会の人と話したら「もっといいところがある、というかそこは少しめんどいのでは…」と聞き…(´・ω・`)
さらに、適性検査の時の雰囲気が若干苦手だったり、教官がどんな人なのかわからなく、とても不安でした。
しかし、「どこに行ったとしても、どんな人が教官だとしても、私が礼儀を尽くし、最善を尽くせば神様が助けてくださる。どうしようもなかったら神様に願い求めなさい」という感動を受け、心を新たに決心したのです。

というわけで、今日実技の初講習に行きました。
私の祈りが聞かれたのか、教官の方はとても気さくで接しやすい人でした(´・ω・`)感謝します( ;∀;)
そして、いろいろ話を聞きながら、実際に初運転…!
カーブを何回かしてみると、少しですが感覚が掴めてきました。
曲がるタイミングも、教官の方が分かりやすく教えてくださり、一発で理解できました。
こうやってみると、やはりといいますか…「感覚をつかむ」のは割と得意なほうなんだな、と気づきました。

しかし、ですね。
カーブがうまくいかなかったり、車が近く来たり、その他もろもろの「予測外のこと」で終始動揺してました…(´・ω・`)
なんか「ぶつかる!」って思った時にパニックになりやすかったです…。
おかげで、ちょっと疲れました(´・ω・`)

そばに教官がいるからちゃんとコントロールしてくれるのですがね…。
それでも慣れていないからか、結構ドキドキするんですよね(´・ω・`)

特に、私は「事故を起こしてしまったらどうしよう…」という不安が強くて、絶対運転前には前後確認。
ブレーキはすぐにかけてしまう(まだ慣れていないからか、強く掛けてしまう)
アクセルは慎重に踏む。

と、おっかなびっくりでした(笑)

教習前ちらっと適性検査の結果を見たのですが、

・操作性、判断力、適応性は高め

なのに対し

・精神的なところがちょっと弱め。とりわけ「自己中心性」、「心配性」、「情緒安定性」が低い…

ということが分かりました。今日運転していてやっぱり正しいな、と思いました(笑)

このように、「ちゃんとやればできるのに、周りのことや空想で不安になってできていない」ことってたくさんあるんだろうな…と気づきました。

新しいことをすると、新たな自分に気づけます。
せっかくなので、この運転免許を取る間に、自分の足りないところをもっと直していけたらと思いました(´・ω・`)

この記事を書いたブロガー

sato
「素直に、深く、面白く」がモットーの摂理男子。霊肉ともに生粋の道産子。30代まであと一歩。数学者を志す大学院生で、教育系の仕事もしています。
軽度の発達障害(ADHD・PD)&HSP傾向あり。

関連記事一覧